八尾市立病院ご案内

総務大臣表彰

平成30年度 総務大臣表彰を受賞


八尾市立病院が平成30年度自治体立優良病院表彰(総務大臣表彰)を受賞しました。

平成30年6月21日(木)に表彰式が東京都内で行われ、当院の佐々木総長と星田病院長が出席し、総務大臣から「平成30年度自治体立優良病院表彰」を受けました。
自治体立優良病院表彰は昭和61年から始まり、これまで148病院が表彰を受けてきましたが、大阪府内の公立病院としては当院が初めての受賞となりました。
今回の受賞を励みに、今後も市民に愛され信頼される病院をめざし、良質で安全な医療を提供し、健全経営を続けていきます。

    • ▲左側 佐々木総長  右側 星田病院長
    • ▲左側 佐々木総長  右側 星田病院長
    • ▲左側 佐々木総長
    • ▲左側 佐々木総長
    • ▲星田病院長
    • ▲星田病院長
    • ▲後列右から2人目 佐々木総長
    • ▲後列右から2人目 佐々木総長
    • ▲受賞盾
    • ▲受賞盾
    • ▲表彰状
    • ▲表彰状
  • 経営努力がなされた結果、経営の健全性が確保されていること及び地域医療の確保に重要な役割を果たしているなどの一定の基準を満たした自治体立の病院を総務大臣が表彰するもの。

    選考基準は・・・

    1) 表彰年度の前々年度以前5ヵ年以上損益計算書上の経常利益において利益を計上していること。(前年度決算見込みについても考慮する。)また、不良債権及び累積欠損金がないこと。
    2) 「職員の配置状況」「利用患者の実態」「薬品、材料の購入状況」「業務委託の状況」の事項により経営努力の状況を総合的に判断する。
    3) 「救急医療」「保健衛生活動」「他の医療機関との連携」「高度・特殊・先駆的医療」「へき地医療」の事項により地域医療に果たしている役割を総合的に判断する。