入院・面会ご案内

自己負担額について

医療機関の窓口でお支払いいただく金額は、入院の場合は一ヶ月の医療費が上限額を超えても、下記の上限額のご負担のみとなりますが、外来の場合は、毎回 2割または3割の額をお支払いいただき、上限額を超えた場合申請により払い戻しを受けることができます。

区分 負担
割合
自己負担限度額(月額) 提示書類
入院 外来
一定以上
所得の世帯
3割 80,100円+(医療費-267,000円)
×1%〔44,400円〕
57,600円 高齢受給者証、健康保険証
一般の世帯 2割
(1割)
57,600円
〔44,400円〕
14,000円
(年間上限
144,000円)
高齢受給者証、健康保険証
市町村民税
非課税世帯
区分II 2割
(1割)
24,600円 8,000円 限度額適用・
標準負担額減額認定証、
高齢受給者証、
健康保険証
区分I 15,000円 8,000円

※「自己負担額」とは保険診療の対象となる医療費に対するご負担額です。
個室代、食事療養費にかかる自己負担額、その他自費分については支給の対象にはなりません。
※「一定以上所得の世帯の方」の+1%は総医療費が267,000円を超えた場合超えた分に1%を加算して計算されます。
※〔 〕内の金額は、療養を受けた月以前の1年間に3ヶ月以上の高額療養費の支給額を受けた場合には、4ヶ月目から「多数該当」となり、自己負担限度額がさらに軽減されます。
※「一般の世帯の方」の負担割合で、平成26年3月末日までに70歳に達している人は1割のままとなります。
平成26年4月1日以降、70歳の誕生日を迎える方で、70歳から74歳までの間、2割となります。
75歳からは1割となります。

手続きについてのお尋ねやご相談等がある場合は、2階【?】総合案内までご連絡ください。