基本方針

基本方針

  1. 医療安全を重視し、医療ニーズに対応した高度医療・急性期医療を充実させます。
  2. 地域の医療機関との連携の強化と、保健・福祉分野との役割分担により、地域完結型の医療を確立します。
  3. 救急医療、小児・周産期医療、災害医療などの政策医療を確保します。
  4. 患者の意思と権利を尊重し、市民に信頼される病院をめざします。
  5. 良心に基づく運営と公民協働による健全経営の維持により、職員が誇れる病院を追求します。
  6. 医療従事者の教育・研修の充実により、医療水準の向上に努めます。


平成27年4月1日 改定