患者の権利章典

患者の権利章典

患者の権利章典

  1. 個人の人格および価値観は尊重され、だれでも等しく安全で良質な医療を受ける権利があります。
  2. 自分の受ける医療について、必要な情報が提供され、十分な説明を受けた上で、自分の意思で治療方法などを選択し、決定する権利があります。
  3. 自分の受ける医療について、納得できるまで質問でき、さらに不明の点があれば診療情報の提供やカルテ開示を求める権利があります。
  4. 個人情報および診療情報は厳密に保護され、プライバシーを尊重される権利があります。
  5. 自分の受ける医療について、他の医師の意見を聞いたり(セカンドオピニオンを含む)、他の医療機関を受診する権利があります。
  6. 自分の健康に関する情報を正しく伝えるとともに、他の患者の診療を妨げないように配慮する責務があります。


平成27年4月1日 改定