診療科・部門ご案内

整形外科における上肢・手外科部門の特色

当施設は2019年11月より日本手外科学会認定基幹研修施設であり、2018年は151件、2019年は174件の上肢・手外科関連の手術を行いました。骨折をはじめとする外傷、絞扼性末梢神経障害、炎症性疾患、母指CM関節症などの変形性関節症に対処できる態勢を整えています。

  • 外傷:腱損傷、神経損傷、手指節間関節、手関節、肘関節の靱帯損傷や脱臼骨折、三角線維軟骨損傷(TFCC損傷)など
  • 絞扼性末梢神経障害:手根管症候群、肘部管症候群など
  • 炎症性疾患:ドケルバン病、弾発指、上腕骨外側上顆炎など
  • 変形性関節症:母指CM関節症、ヘバーデン、ブシャール結節など
  • 腫瘍:ガングリオン、腱鞘内巨細胞腫など
  • 関節の拘縮
  • デュピュイトラン拘縮
  • 無腐性壊死:キーンベック病など
  • 関節リウマチによる手の変形など

各領域における代表的疾患をご紹介します。