診療科・部門ご案内

外傷:橈骨遠位端骨折


手首の周辺の痛み、腫れ、変形が生じ、手首を動かすと痛みが生じます。転倒、転落により手首を強く地面と着くことで受傷します。骨粗鬆症が有る場合、立っている高さからの転倒でも生じることがあります。


手首に過剰な圧力がかかることで生じ、手首、前腕の受傷時の姿勢と骨の強度により骨折型が決定されます。子供では力学的強度の低い成長軟骨部での骨折が見られることもあります。


レントゲン検査やCT検査で行い、骨折型やずれの大きさを評価します。治療方法を骨折型やずれの大きさによってお勧めします。
保存治療の場合、局所麻酔をしてから徒手整復を行い、ギプスもしくはギプスシーネで上肢(手首、肘)を固定します。固定期間は通常4-6週間です。固定期間中に骨折部にずれが生じた場合、手術治療が必要となることがあります。
手術治療の場合、全身麻酔もしくは伝達麻酔(神経ブロック麻酔)をしてから鋼線を刺入して骨折部を固定(ピンニング固定)し、ギプス固定を行う方法や骨折部をまたぐように手と橈骨の手前の骨にスクリューを挿入して固定器を装着する創外固定法、手首の掌側に縦に創(4cm程度)をつくって骨折部を直接整復しプレートで固定する方法があります。それぞれの方法においてそれを選択する理由があります。成人の方の場合、一般的にプレートで固定し簡易的な前腕部の固定を2週間行ったあと、手首を早期から動かしていく方法がよく選択されています。また関節面が粉砕するような骨折型の場合、偽関節や将来の変形性関節症を予防するため正確な整復固定が必要です。これに対して当院では手の甲に小さな創(5mm程度を数か所)を作成し、関節鏡を挿入し、鏡視下に正確な整復固定を行っています。

▼手関節CT 掌側から
▼手関節CT 末梢側から
※ 関節内にも骨折線を認めています。
▼関節鏡でみた転位した関節内骨折
▼整復された後の関節内骨折
▼術後手関節レントゲン ▼術後2か月後の手の写真