診療科・部門ご案内

絞扼性末梢神経障害:手根管症候群


母指、示指、中指、環指の母指側半分、手掌部にしびれを自覚します。しびれの出現する時間帯は様々で、作業中や夜間に自覚することや、常にしびれていることもあります。神経障害が進行するとつまむ動作に必要な母指手掌部の筋肉(母指球筋)が萎縮します。
妊娠後や重労働者や手首の骨折の変形治癒後に見られます。糖尿病患者さん、透析をしている方にも見られることがありますが、多くの場合、更年期の女性にみられ、その原因は不明です(特発性)が、女性ホルモンが関係している可能性もあると言われています。


手首の掌側の手根管という管腔構造の中を、指を曲げる屈筋腱と正中神経が通っています。様々な原因で生じる腱鞘滑膜炎による腱、腱鞘の肥厚や骨の変形などにより手根管が狭くなることで正中神経が圧迫を受け、障害されます。神経の機能が低下すると手の自覚的なしびれ(安静時や夜間時)、感覚障害(触っている感じ、冷感、温感がわかりにくい、または逆に過敏に感じるなど)、運動障害(正中神経が支配している筋の萎縮)が生じます。特に重症になると親指の腹とその他の指の腹を合わせるつまみ動作(対立動作)が困難になります。


当院では手根管症候群や肘部管症候群など神経障害性疾患を疑った場合、神経伝導速度検査を行い、診断、重症度を評価しています。この検査は皮膚の表面に電極を貼り、電気を神経に流す(少しびりびりします。)ことで神経の伝導速度や筋の萎縮の程度がわかります。


軽症の場合、ビタミンB12の内服、ステロイド剤の手根管内注射(数か月に一度程度)、手首の装具治療(特に夜間時痛の方に有効なことが多いです)をお勧めします。これらの保存治療に抵抗する場合や筋の萎縮が強い場合は手術治療をお勧めします。手術方法は手根管の屋根に当たる横手根靱帯を切離する方法を基本としています(手根管開放術)。その手術は比較的短時間(20分程度)で、日帰りで行っています。手関節の掌側に縦に数センチ切開し、靱帯を切離し、圧迫を解除します。手術後の固定は不要です。自覚的なしびれは数日~数週間で改善することが多いです。つまみにくさや触っている感じのわかりにくさの改善には神経軸索の再生が必要となるので、数か月程度かかり、症状が残存することもあります。そのため重症な手根管症候群では手根管開放術のみでは十分に筋力が回復しないため対立動作ができるようにならないことが予想されます。そこで手根管開放術に加えて腱移行などの手術を同時に追加することがあります(対立再建術)。この方法を行った場合3~4週間の副子固定が必要となります。