診療科・部門ご案内

変形性関節症:母指CM関節症


母指CM関節は大菱形骨と母指中手骨がつくる鞍状関節で、多方向への広い可動域を有する母指運動の鍵となる関節です。この関節にはつまみや握り動作で力が集中するため靱帯のゆるみや、関節軟骨の摩耗が生じやすいと考えられています。


ものをつまむ時や瓶やペットボトルのふたを開ける時に痛みがあります。進行するとCM関節が背側(指の甲側)に亜脱臼し母指の外転(母指を開くこと)が制限され、MP関節(CM関節の一つ末梢の関節)過伸展、IP関節(最も先端の関節)屈曲位の母指スワンネック変形(ダックネック変形)が生じます。

▼つまみ動作時の母指の付け根の痛み ▼レントゲン
(関節の間が消失しており、
背側に亜脱臼しています)


保存治療としてCM関節固定装具治療、ステロイド剤のCM関節内注射を行います。痛みがとれない場合、手術治療をお勧めします。手術方法はCM関節固定術、関節形成術、中手骨外転対立位骨切り術があります。どの方法においても除痛に関して有効な方法です。
CM関節固定術はピンチ力(つまむ力)が最も期待できます。一方、動きに制限が生じます。
関節形成術は大菱形骨を切除し、CM関節周辺に停止している腱を半分裂き、腱球として大菱形骨のあった部位に充填します。固定術と比べてピンチ力は出ませんが、動きに制限が生じにくいです。
中手骨外転対立位骨切り術は中手骨をつまみやすい位置になるよう骨切りを行います。関節温存が可能でピンチ力も期待できます。一方、重症な母指CM関節症には適応がありません。

▼中手骨外転対立位骨切り術
▼手術前
▼手術後

中手骨を背側方向に骨切りし、CM関節掌側の荷重を背側に分散させることで痛みが少なくなることが期待できます。手術後2週間程度の外固定が必要です(手術前後のレントゲン)

▼手術から2年後の手の写真とレントゲン