診療科・部門ご案内

無腐性壊死:キーンベック病


動作時に手首に痛みが生じます。進行すると安静時痛や、手首に可動域制限が生じます。


不明ですが、血行障害や繰り返しの動作による微小骨折、尺骨マイナス変異(尺骨が橈骨に比べて短いために月状骨に圧力がかかる。)が考えられています。


レントゲン検査、MRI検査を行います。


病期分類によって治療方法は異なります。月状骨の形状、関節面が保たれている場合は、その温存するための方法を計画します。月状骨が扁平化し周囲関節にも変形が生じている場合は部分関節固定などを行い、除痛を図ります。
温存する方法として橈骨短縮骨切り術、有頭骨部分短縮骨切り術を行っています。尺骨マイナス変異がある場合は橈骨短縮骨切り術を、その状態でなければ有橈骨部分短縮骨切り術を行います。