診療科・部門ご案内

ご挨拶


看護部長
斉藤 せつ子

八尾市立病院の看護部においては、患者さまに安心・安全な看護が提供できるように、人材育成に力を入れております。その一つとしてラダーに沿った教育体制を導入し、スタッフ一人ひとりが目標を持ち、研修に積極的に参加してキャリアアップできるよう支援を行っております。

また、認定看護師の育成にも力を入れております。平成21年度には、緩和ケア認定看護師・感染管理認定看護師が誕生しました。平成22年度は、新たに、がん化学療法・乳がん看護・手術室看護へ挑戦いたします。

今後は、地域への活動の場を広げ、地域住民の皆さまにも喜んでいただけるよう努力していきたいと考えております。看護体制では7対1看護配置基準を取得し、入院患者さまへより多くの時間をかけて看護を提供しております。

今後も、患者さまおよび家族の方々が、八尾市立病院に行ってよかったと喜んでいただけるよう、最善をを尽くしていきたいと思いますので宜しくお願いいたします。


看護部次長
(医療安全管理者)
桝井 敏子

医療安全部門は平成19年4月に新設され、八尾市立病院の基本理念であります「安全で親切な医療の提供」のために、患者さまが安心して診療・看護が受けられるように最善を尽くしてまいります。

医療現場においては、職員には医療安全に対する意識の向上や、間違いを起こしやすい場面での注意喚起等、業務内容に応じた取り組みを行っています。

また、患者さまと一緒に名前の確認や手術部位の確認など、医療現場に参加する全ての人々の協力の下、最善を尽くしております。

医療に対する疑惑や不安など、患者さまの様々な相談にも応じています。納得して医療が受けられるように援助すると共に、医療環境を整備し、優しさの溢れる看護が提供できるように頑張ってまいりますので宜しくお願いいたします。


看護部科長
森明 富美子

外来看護師は、不安を持って来院される患者さまに安心して診察を受けていただけるよう、日々優しさ・思いやりのある態度で対応させていただくよう心がけています。

「八尾市立病院に行ってよかった」と患者さまから言っていただける病院を目指して努力していきますので宜しくお願いいたします。


看護部科長
千種 保子

八尾市立病院に入院されると、患者さまの生活の場は病棟になります。病棟では、ベテラン看護師から、社会人一年生の新人看護師までが一つのチームとなり活躍しています。

急性期病院の看護師は治療のサポートを中心に、日常生活の支援が必要な患者さまには食事面や清潔面、そして活動機能の面から直接的な援助を実施しています。

病棟総括として、患者さまが安全で安心な入院生活を送っていただけるよう、スタッフ全員と協力して頑張っていきますので宜しくお願いいたします。