診療科・部門ご案内

看護部内委員会活動

業務委員会活動

業務委員は、「看護部の基本理念に基づき、安全・安楽・且つ効果的な看護を提供する」ことを目的に、看護業務の円滑化・改善と健全経営・看護業務の質的向上・情報の連携を行っています。
日々進歩する医療を踏まえ看護基準の作成・改善・手順の作成・改善と本院看護業務の要となっています。月1 回の定例会を開き、看護が必要な人に適切に提供されているか観察し問題点を抽出して改善に取り組んでいます。メンバーは主任看護師が大半で、チームワークがとっても良く、業務改善に燃えパワフルに活動しています。

 

教育委員会活動

教育理念 八尾市立病院看護部の理念に基づき、患者さま及びその家族に質の高い看護サービスを提供するための教育計画・教育支援を行う。また、個人が専門職業人として成長発達できるように支援し、働きやすい環境を提供する。
基本方針 1. 病院及び看護部の理念・活動方針を具現化するために必要な教育を行う。
2. 経年別の能力開発を行い、自己課題に取り組む姿勢を養う。
3. 看護実践能力を高め、専門職業人としての成長を促す。
教育目標 1. 個別的な質の高い看護サービスが提供できる。
2. 医療チームの一員として役割を自覚し、リーダーシップが発揮できる。
3. 専門職業人として主体的に学習し、自己を向上させることができる。
4. 研究的姿勢で看護に取り組むことができる。
 

看護部教育計画

  1. 専門職業人としての知識・技術を確実に習得し、質の高い看護実践能力開発
  2. 心のこもったケア、接遇ができる人間形成
  3. 他職種とのお互いの専門性を理解し合い、チーム医療の一員としての役割行動ができる社会人の育成
  4. 主体的に学習し、研究態度をもち自己研鑽ができる



・キャリアアップ研修
(皮膚排泄ケア・救急・感染・呼吸管理 etc)
・緩和ケア研修  ・がん化学療法研修 
・IV技術認定看護師研修 etc
・プリセプター研修 ・リーダー研修 
・実地指導者研修 ・倫理研修 etc
・セフティマネジメント研修 2  ・緩和ケア基礎研修 
・症例研究 etc
・オリエンテーション ・新人研修 
・ローテーション研修 ・セフティマネジメント研修 1 etc



  • 当院ではプリセプター制度を基盤として新人看護職員の育成を図りスタッフ全員でフォローをしています。
  • 各部署には教育担当者と実地指導者を配置し、段階的・系統的に実践経験が積めるようOFF-JTやOJTを企画しています。
  • 新人研修プログラム
    ①シミュレーション(注射・点滴・吸引 etc.)研修
    ②薬剤管理研修
    ③感染予防研修 
    ④BLS研修
    ⑤褥瘡防止と褥瘡発生アセスメント研修
    ⑥ME機器研修
    ⑦呼吸管理研修
    ⑧EKG研修
    ⑨接遇研修
    ⑩メンタルヘルス研修
    ⑪フォローアップ研修
    ⑫フィジカルアセスメント研修
  • ローテーション研修では、救急外来(心カテ・内視鏡等見学含む)・ICU・手術室を各々1週間実地研修しています。
 

臨床指導者会の活動

当院の実習病院としての活動は昭和47年より継続され、現在では高校・専門学校・大学など12施設から実習生を受け入れています。
特に新病院への移転後は、交通の便がよく駅から徒歩5分で来る事が出来ます。
当看護部は、代々実習生の受け入れには積極的で、「後輩を育てながら共に成長していく」事をモットーにしてきました。
現在、委員会は13名で編成されています。各部署の臨床指導者達と連携を図り、看護部のキャッチフレーズである「心安らぐ看護を」「心が通う看護を」「心が届く看護を」を実践できる後輩育成を目指しています。
特に心がけている事は、時代と共に電子カルテ導入が多くなった今日、看護に基本と共に、めまぐるしい医療の変遷の中で生き残っていく為に、いかに看護師自らが広い視野を持ち、常に自分に磨きをかけ自己成長していかなければいけないかを気付かせる「場」としている事です。
指導者自身も自分に厳しく、自分を見失うことなく、思いやる気持ちを忘れず、人との関わりが出来るよう日々自己啓発に努めると共に、学生たちに目標とされる看護師を目指しています。
実習生を受けた学生さんが、就職希望して下さる事が多くなり、お互いが看護する楽しさを分かち合える事が私達の喜びになっています。

▲分娩監視装置装着による学習風景 ▲学んだことを身につけようとする熱心
な姿勢は必ず将来に役立ちます。