診療科・部門ご案内

八尾市立病院 救急診療科の特徴


救急診療科部長
福 島 幸 男

救急診療科では診察ブース5箇所、観察ベッド4台、救急処置室2室、を有し、独立した受付やスタッフ控え室、当直室が付随しています。
また救急病床を常時確保しており、ICUへは専用エレベーターによる直入を可能としています。

しかし、皆様には多々ご迷惑をおかけしている面もございます。
観察ベッド及び入院ベッドの不足、患者さんの待合スペースの狭さ、駐車場の狭さ、などもさることながら、やはり救急担当医の確保がここにきて一番の問題となっております。

外科・内科ともに通常業務の増加のため、兼任の救急担当医の捻出が難しくなりつつあります。
これからの課題として救急専任医の配備と救急専用病床の設定が望まれるところです。
当初の目的としておりました“断らない救急外来”に至るまでにはまだまだ遠い道のりです。
今後ともご支援、ご指導のほど、宜しくお願い致します。

 


救急外来受付

処置室

処置室