施設ご案内

ご紹介

小児科で38床の病棟です。主に急性期患児の看護(15歳まで)を行っておりますが、慢性期の腎炎、ネフローゼ、ITP(血小板減少性紫斑病)等の患者さまも入院されておられます。

優しい先生と明るい看護師たちで愛情を持ってお世話させて頂いております。

慢性期の患者さまの長期入院に関しては院内学級があり、学校生活が継続できるように努めています。

月1回のお話し会や7月の七夕、12月にはクリスマス会を行い、患者さま及びご家族の方に安心して入院生活を送っていただけるように、スタッフ一丸となって日々頑張っています。

当院では平成19年4月からプレイルームを開設し、常勤保育士1名が配置され、プレイルームでの絵本やおもちゃ遊びなど、子供たちが少しでも楽しく安全に入院生活が送れるよう工夫しています。

医療スタッフと連携を密にしながら、入院している患児の病状・年齢・発達に応じた保育を提供し、患児が楽しく入院生活を送れるよう努めています。