沿革

平成10年〜平成19年

出来事
平成10年
(1998年)
1月 夜間小児急病診療開始(平日の火曜・木曜午後5時から午後12時まで)
入院患者(内科、整形外科、眼科)に対する服薬指導実施
3月 コバルト60線源入替え
医事課レセプトコンピュータ入替
診療材料管理システム入替
薬品在庫管理システム入替(バーコード管理実施)
救急医療等運営委員会を設置
内科、前回処方せん出力装置設置
4月 救急診療開始(内科、外科、産婦人科)
八尾市立病院移転新築基本構想策定
【病院建設準備室長】西野 茂 氏
8月 貸与病衣の使用料徴収を実施
10月 薬局、放射線科など2交代制勤務
(看護師、薬剤師、臨床放射線技師など)開始
11月 新八尾市立病院建設計画案の決定
12月 新病院建設基本設計着手
八尾伝染病組合議会で「伝染病棟」の廃止が決定
平成11年
(1999年)
1月 外来患者に対する薬剤情報提供の実施(薬局 薬袋作成機導入)
全科 前回処方せん出力装置設置
3月 伝染病棟廃止(病床数380床)
5月 清掃等業者入札業者指名審査委員会を設置
6月 医療事故防止委員会を設置
9月 入院患者に対する薬剤管理指導業務の拡張
(耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科)
10月 外科外来に午後専門外来診療を開始
11月 コンピューター西暦2000年問題対策本部を設置
12月 伝染病棟取り壊し(跡地を駐車場に利用)
伝染病棟取り壊し
平成12年
(2000年)
1月 2000年問題対応(特に問題なし)
夜間小児急病診療の拡大
(第2,4,5土曜午後5時から午後12時までについても実施)
新病院建設実施設計着手
3月 新病院建設用地購入
新市立病院建設事業に伴う久宝寺遺跡発掘調査着手
大阪府「医薬品安全性情報交換システム」導入
中2階病棟・分娩室改修
4月 看護科を看護部へ名称変更
病院建設検討委員会を設置
厚生省「医薬品・医療用具等安全性情報協力施設」に認定
【病院建設準備室長】山崎 芳次 氏
5月 医業収支比率改善検討委員会を設置
6月 夜間小児急病診療の拡大
(第2、4金曜午後5時から午後12時までについても実施)
診療情報開示判定委員会を設置
7月 市立病院創立50周年記念行事「健康バンザイ」開催
(医療・看護・お薬相談を実施)
NHK総合テレビジョン「関西クローズアップ」で市立病院新人看護職員の看護体験放映
8月 院外処方せんFAXコーナーを八尾市薬剤師会の協力のもと設置
放射線科運営委員会を設置
中央検査科運営委員会を設置
上海市嘉定区の看護婦等の受け入れ研修
20000年8月
9月 中央手術科運営委員会を設置
平成13年
(2001年)
1月 平成12年8月〜12月にかけて医薬品が盗難される(1月に発覚)
2月 医療事故防止マニュアルの発行
3月 八尾市医師会地域医療情報ネットワークに参画
4月 新病院建設に関わる委員会を再編成し、建設検討会議を設置
下部組織として、病院建設検討委員会、情報部会、
新病院医療機器及び物品購入調整委員会を設置。
【病院建設準備室長】戌亥 幹雄 氏
【病院建設事務所長】稲葉 利明 氏
6月 血液チューブ外れる事故で死亡事故発生
8月 新病院起工式
10月 市民参加の患者サービス検討会議設置
12月 医療倫理委員会を設置
平成14年
(2002年)
2月 北館4階病棟に24時間監視体制の病室(HCU)を設置
3月 輸血療法委員会を設置
法改正、条例改正により「看護婦」「助産婦」の名称が「看護師」「助産師」となる
4月 全面院外処方発行
薬局、院外処方せん監査システム導入
1993年10月、痔の手術を受け死亡された患者様と和解成立
新病院に関わる委員会を再編成
5月 マンモグラフィー検診精度管理中央委員会の認定を受ける。
接遇改善委員会を設置
7月 褥瘡対策委員会を設置
9月 PFI事業(新病院維持管理・運営事業)実施方針の公表。
10月 医療機能評価受審推進委員会設置。
12月 医療安全管理委員会を設置し、医療事故防止委員会、院内感染対策委員会、B型肝炎防止委員会、感染性廃棄物処理対策委員会を廃止
それぞれ下部組織の部会として編成
院内感染対策小委員会(ICT)を設置
褥瘡対策委員会を設置
平成15年
(2003年)
3月 「診療のご案内」発行
「八尾市立病院50年誌」発行
4月 厚生労働省より「臨床研修病院」の指定を受ける。
情報システム委員会、電子カルテ委員会に各ワーキング設置
5月 診療録管理委員会設置
6月 教育研修委員会設置
パス委員会設置
7月 リハビリ棟2階に電子カルテ研修用パソコン設置・研修始まる
パソコン研修
臨床研修管理委員会設置
8月 リハビリ棟2階に電子カルテ開発室設置
10月 病院機能評価を受審
NST委員会設置
11月 新八尾市立病院 定礎式
定礎式
12月 新八尾市立病院 竣工
建物引渡(26日)
平成16年
(2004年)
1月 新八尾市立病院 機器搬入始まる
3月 八尾医療PFI株式会社との契約締結(26日)
PFI事業打ち合わせ始まる
4月 産婦人科 救急医療中止
臨床工学士、医療ソーシャルワーカーを採用新病院竣工式(21日)。
新病院市民見学会(24、25日)。
5月 八尾市立病院 移転・開院
新病院開院、入院患者移送(1日)。
新病院外来診療開始(7日)。
新規診療科の増設:循環器科、神経内科、脳神経外科を設置。(全16診療科、病床数380床)
PFI事業開始(八尾医療PFI株式会社)
名称変更:
薬局→薬剤部、検査科→中央検査部、事務局栄養科→診療局栄養科
事務局庶務課、医事課をそれぞれ企画運営課、医事管理課に変更
7月 PFI事業でのモニタリング委員会、事業評価委員会設置(1日)。
情報システム管理委員会設置
8月 医療機能評価で認定(23日)
9月 外来運営委員会設置
10月 女性専門外来開始
12月 クリスマスコンサート開催
クリスマスコンサート
病棟運営委員会、診療材料委員会設置
平成17年
(2005年)
3月 病院建設準備室が解散
5月 新病院移転一周年記念公演会
新病院移転一周年記念公演会
6月 医療安全講習会 開催
テーマ:「医療機器と安全」
講 師:長倉俊明先生(大阪電気通信大学 医療福祉工学部教授)
医療安全講習会
10月 産科 休診
病院各委員会見直し・再編
(社)日本口腔外科学会 指定研修機関 研修認定
まちなかステーションにインターネットコーナー設置
接遇研修会(10月17日)講師:辻本好子先生(NPO法人 COML理事長)
接遇研修会
八尾市立病院危機管理対策委員会設置
平成18年
(2006年)
1月 新春コンサート開催
4月 産婦人科 再開
院内敷地内全面禁煙開始
5月 旧八尾市立病院 解体工事開始
旧八尾市立病院 解体工事開始
ナースキャップ廃止
10月 2階フロアに市民ギャラリー設置
11月 旧病院解体工事完了
12月 NICU運営委員会設置
平成19年
(2007年)
3月 医療事故対策会議設置
4月 病院事務局機構改革(一課へ統合)
診療情報管理室設置
5月 小児病棟にプレイルーム設置
NICU増床(3床→6床)
10月 臨床研修病院の指定(歯科)
11月 大阪府地域周産期母子医療センターの認定
12月 緩和ケアチーム設置