沿革

昭和20年代

出来事
昭和21年
(1946年)
5月 日本医療団八尾病院開院
八尾市西郷
昭和23年
(1948年)
4月 八尾市施行
市立八尾市民病院と名称変更
11月 八尾市大字太子堂(現 南太子堂)に土地購入(3,954坪)
昭和24年
(1949年)
8月 八尾市太子堂(現 南太子堂)に木造2階建、延324.5坪の新築工事着工
(旧青年学校宿舎建物改造転用木造2階建、看護婦宿舎等)
昭和25年
(1950年)
2月 市立八尾市民病院開院
内科・外科・産婦人科・歯科・放射線科(病床数32床)
市立八尾市民病院開院
9月 ジェーン台風で被災
10月 昭和24年度3A級病院指定
11月 隣接地706坪買収
昭和26年
(1951年)
1月 昭和25年度3A級病院指定
2月 完全看護、完全給食を全病室52床に実施
195102
3月 府下衛星都市公立病院長会議開催
8月 入院患者増で看護婦宿舎等を病室に転用
10月 結核病棟完成50床増床(病床数102床)
※南館と呼称、後に中央館第2病棟と名称変更)
結核病棟(※南館と呼称、後に中央館第2病棟と名称変更)
昭和27年
(1952年)
1月 肺結核胸部空洞手術第1例を施行
5月 第1回中河内臨床集談会を開催
昭和28年
(1953年)
1月 外来診療時間を午前9時から午後2時とし、看護婦の3交代制を実施
2月 八尾市立病院と改称小児科開設
4月 眼科・耳鼻咽喉科開設事実上の総合病院となる
6月 本館棟完成
本館棟
開院3周年記念式
2次拡張事業で本館76床(病床数178床)となる
9月 院内火災報知機設置
中央館第1病棟に3号室7床増設病床数185床となる
昭和29年
(1954年)
8月 X線断層撮影装置を設置
11月 3年連続給食優良施設の指定を受ける
12月 看護婦宿舎増築工事及び中央館5号室改造工事完成病床数187床となる
高松宮殿下視察のため来院(記念植樹)
高松宮殿下視察のため来院(記念植樹)