沿革

昭和50年代

出来事
昭和50年
(1975年)
1月 公立病院特例債借入(668,400千円)
2月 開院25周年記念式(記念誌発刊)
開院25周年記念式
10月 心血管連続撮影装置設置(人工心肺使用心臓手術開始)
昭和51年
(1976年)
2月 林 秀雄院長が逝去
5月 林院長の病院葬挙行
林院長の病院葬
昭和52年
(1977年)
1月 妊婦対象の母親教室開講
妊婦対象の母親教室
※写真は、昭和55年
3月 消防設備改修工事
4月 薬剤の院外処方せん発行
12月 中館2階分娩室改修工事完了
電動分娩台購入
昭和53年
(1978年)
3月 X線新型テレビ装置設置
4月 八尾市立病院院内学級開設
八尾市立病院院内学級
11月 中央検査科の一部検査の業務委託を実施
スプリンクラー設置
12月 院内「八尾市立休日小児科診療所」を八尾市保険センター内へ移管
昭和54年
(1979年)
7月 南館病棟増改築工事着手
本館管理棟仮設病床設置
10月 病院事業経営健全化団体の認可
財政措置非常宣言
11月 亀井小学校で院内体育大会を開催
院内体育大会
昭和55年
(1980年)
2月 無料医療相談を市民サービスコーナーへ設置(6日間)
9月 南館病棟増改築工事完成(病床数446床)
南館病棟増改築
開院30周年記念式典開催(記念誌発刊)
昭和56年
(1981年)
4月 副総看護婦長3名体制
7月 内視鏡、UCG、エコー室完成(北館2階)
11月 理学療法科を新設
職員安全衛生委員会(病院部会)を設置
昭和57年
(1982年)
7月 日中友好視察団が来院(院内の医療施設の見学)
12月 コバルト60線源入替え
昭和58年
(1983年)
3月 病院事業経営健全化措置実施要領による経営健全化完了
6月 日本脳炎予防接種(職員健康管理上)を実施
9月 全身用コンピュータX線断層撮影装置設置
10月 日中友好視察団(医師2名)が来院
昭和59年
(1984年)
4月 多項目自動血球計数装置設置