地域がん診療連携拠点病院

PDCAサイクルの確保

地域がん診療連携拠点病院ではPDCAサイクルによる品質管理・改善が必要とされています。
当院では、院内各部署の代表者による運営会議、診療科の代表者による診療科部長会、チーム医療の代表者によるチーム医療運営委員会において、各部署・診療科・チームの年度目標を策定し、PDCAサイクルによる評価・改善運用を行っています。
また、二次医療圏の地域がん診療連携拠点病院、府がん診療拠点病院、医師会、公的機関等により、「中河内医療圏がん診療ネットワーク協議会」を運営しており、二次医療圏のがん診療実績・がん診療の提供体制等についての実態把握にも努めています。
さらに、大阪府全体でのPDCAサイクルの一環として都道府県がん診療連携拠点病院である大阪国際がんセンターによる定期的なヒアリングの際にもがん診療実績・提供体制等について報告しております。

地域住民・地域の医療従事者等への二次医療圏のがん診療に関する情報提供の機会として、中河内医療圏がん診療ネットワーク協議会主催によるシンポジウムを年1回開催しており、地域がん診療連携拠点病院である当院と市立東大阪医療センターが交互に事務局を務めています。
(参考)これまでに開催したシンポジウム

PDCAサイクル
Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)の4つのステップを繰り返すことにより、継続的な業務改善をめざす仕組み。