八尾市立病院ご案内

ご挨拶

ご挨拶 (八尾市病院事業管理者 福田 一成)

平成29年4月1日付で八尾市病院事業管理者を拝命いたしました福田 一成でございます。

八尾市立病院は昭和25年2月の開院以来、市唯一の公立病院として、また市民のための地域の中核病院として、平成27年4月には国による地域がん診療連携拠点病院の指定を受けるなど、「市民に愛され、職員が誇りを持てる病院」という目標に向かって、病院職員が一体となって、一歩一歩確実に前に進んでいる病院であると感じております。

このたび病院事業を運営する責任者である病院事業管理者として着任することになり、責任の重さに身のひきしまる思いであるとともに、前人から引き継がれている伝統を大切にしながらも、常に市立病院としてあるべき姿をめざし、改革に取り組んでいかなければならないと、決意を新たにしております。

医療機関を取り巻く環境は、超高齢社会の到来を控え、依然として厳しい状況にありますが、着実に「医療の質の向上」に努めつつ、「健全経営」に向けた取り組みを進めていかなければならないと考えております。

「医療の質の向上」については、総長・病院長のお力を借りながら、がん診療に加え、救急医療、小児・周産期医療などの政策医療の充実に努めてまいります。また、循環器疾患や糖尿病などの医療ニーズにも対応するべく、高度医療機器などの更新・充実に努めていくとともに、地域医療支援病院としても地域完結型医療をめざし、地域の医療機関などとさらに連携を深めていく必要があると考えております。
また、「健全経営」については、平成23年度から5年連続で単年度純利益(黒字)を続けていることから、この流れを途切れさせることなく、引き続き経営健全化の取り組みに全力をあげたいと考えております。

平成16年5月に新病院への新築移転後、日本初となる運営型のPFI事業を行い、早くも13年が経過しようとしています。現PFI事業契約は残り2年で、契約終了後の次期事業についても、PFI手法で行うとの方針が定められています。次期事業者選定を適切に進めることで、病院運営に民間のノウハウを活用しつつ、公民協働の意識を醸成しながら、病院に勤務するすべての職員が一丸となって取り組みを進め、引き続き市民の命と健康を守り、良質で安全な医療を提供してまいる所存ですので、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

平成29年4月1日
八尾市病院事業管理者 福田 一成

 

ご挨拶 (八尾市立病院 総長 佐々木 洋)

平成27年3月に、定年により6年間務めさせていただいた病院長職を辞し、4月より、新しい制度のもとで総長職を拝命致しました。

公立病院改革プランに基づいて進めてきた経営合理化も、4年連続黒字化により、一定の成果を上げることができ、黒字体質への脱皮を果たせたかな?と思っています。
また、がん、救急、小児、周産期医療を診療の柱とし、高度で専門的な診療が行えるように、施設機能、診療体制の充実を図ってきました。同時に、医療圏全体のレベルアップの推進役としての機能を果たすことを心がけ、地域密着型医療を遂行してきましたが、その結果として、平成24年11月に地域医療支援病院の承認を受けることができました。さらに平成27年4月には、多くの、高いハードル(指定要件)をクリアし、晴れて国指定のがん診療連携拠点病院の承認を受けることができました。

このことは、当院が、がん診療の拠点病院として、高度ながん診療の技術と設備と体制を備えた中核施設であると認められたものです。今後も、現状に満足することなく、八尾市のみならず、近隣の都市からも、当院を頼って来ていただけるように、さらに高度ながん診療をめざして、手術、化学療法、放射線治療など癌診療のレベルアップをはかるべく、努力を重ねたいと考えています。

また、計画しておりました、施設拡充工事も完成にこぎつけることができました。病院敷地内の北西部に、5階建ての新館(北館)を建設し、保育所や大会議室、災害時のための備蓄倉庫、等を現建物内から移設し、そのあとに、通院治療センター(外来化学療法室)の移設拡充(9床→16床)や、新しく患者ケアサポートセンターを設置しました。血管造影室や放射線治療室も最新、最高の機器を導入するための大規模なリニューアル工事も予定(平成27年度中に完成予定)しており、停滞することなく進化し続けていきたいと考えています。

総長職の役割として、より広い視野に立って、大所高所から、市立病院の医療全般を舵取りし、その活動範囲をより広げて地域医療に貢献することが求められると考えています。実際、公立病院を取り巻く環境の変化は著しく、地域包括ケアシステムや地域医療構想(ビジョン)の中での公立病院の立ち位置や、あらたな病床機能報告制度や公立病院改革プランに基づく公立病院改革、がん診療連携拠点病院(国指定)としての中河内地域でのがん連携ネットワーク作りと果たすべき役割、などなど、目の前に多くの難題が山積みしております。

これらの諸問題を、病院をあげて一つ一つ解決していきたいと考えています。こういった問題の解決は、病院内の活動だけでは十分には果たせず、大阪府病院協会や大阪府公立病院協議会、全国自治体病院協議会、大阪府や八尾市医師会、等での院外での活動におきましても、今まで同様に心血を注ぎ、八尾市さらには中河内医療圏でのさらなる活性化に尽くしたいと考えています。

さらに、本来の外科医として、長年研鑽を積んできた肝胆膵手術や、外来、特に少しでも困っておられる患者さんの一助になればと始めた「肝癌よろず専門外来」や「セカンドオピニオン」なども、従来以上に力を入れて、一人でも多くの患者さんの健康を守りたいと考えています。

平成27年4月1日
八尾市立病院 総長 佐々木 洋

 

ご挨拶 (八尾市立病院 病院長 星田 四朗)

平成27年4月に八尾市立病院の診療・看護の体制が新しくなり、このたび病院長を拝命しました。現在の我が国は世界にも類を見ない超高齢社会に突入し、医療への社会的ニーズが変化しています。その状況を見極め、市立病院に求められる役割を実現していくため、就任にあたり病院職員に対し「3本の矢を“市立病院チーム”一丸となり推進していく」というメッセージを発しました。

1本目の矢は「急性期病院機能の充実」です。国が進める地域包括ケアシステムの中で、当院が果たすべき役割として、高度で良質な医療を提供できる急性期病院機能を充実させることが重要と考えています。その実現のために医療提供体制の整備等を推進してまいります。

2本目の矢は「地域医療支援病院としての活動の継続」です。平成24年11月に地域医療支援病院の指定を受け、地域の医療機関の先生方との連携を深めております。今後更なる取り組みとして、がん相談支援センターや緩和ケアセンターをはじめとする相談・患者サポート機能と情報提供機能、二次救急部門の充実等が必要になると考えています。

3本目の矢は「地域がん診療連携拠点病院としての活動の定着化」です。平成27年4月に府指定の拠点病院から国指定の連携拠点病院となりましたが、実績や機能についての要件のハードルが高く、活動の定着化には病院の総合力が問われます。佐々木総長の支援の下、がん診療連携拠点にふさわしい病院づくりを進めていきます。

当院では平成27年4月から病院の「基本理念」「基本方針」を新しくし、「患者の権利章典」を見直しました。「高度で良質な医療の提供」「地域に密着した医療の推進」「品格ある病院運営の実践」といった病院の基本理念の実現のためには、3本の矢を束ねる組織力が必要です。従来から進めてきたチーム医療を発展させ、病院全体が「市立病院チーム」という1つのチームとして一丸となり突き進めるような取り組みが必須と考えています。

今年度は病院内の機能拡充工事も終え、皆さんにとってさらに魅力ある病院を築くことができると信じており、広報誌等を通じてより多くの情報発信に努めていきます。医療安全の継続と医療ニーズの絶え間ない変化に適切に対応し、医療職員一同団結して市民が誇れる病院をめざしてまいりますので、これからもご期待ください。

平成27年4月1日
八尾市立病院 病院長 星田 四朗