八尾市立病院

  • 背景色

八尾市立病院

メニュー

病院のご案内

ご挨拶

ご挨拶(八尾市病院事業管理者 植野 茂明)

 令和3年4月1日付で八尾市病院事業管理者を拝命いたしました 植野 茂明 でございます。

八尾市立病院は、昭和25年2月の開院以来、地域の中核病院として、また市唯一の公立病院として、“地域医療支援病院”“地域がん診療連携拠点病院”“地域周産期母子医療センター”等の病院機能を有し、その役割を果たしてきており、市民に信頼され、職員としても誇りを持てる病院をめざし、病院スタッフが一丸となって、取り組んでいる病院であると感じております。

私は、このたび病院事業管理者に着任することになり、病院運営の責任者として、責任の重さを深く受けとめるとともに、先人から積み上げられてきた良き伝統を引き継ぎ、その任を着実に果たすべく、決意を新たにしております。

現在の医療を取り巻く環境は、非常に厳しく、特に新型コロナウイルス感染症に対し、公立・公的医療機関を中心にその対応に注力しており、通常診療との両立が課題となっている状況です。

八尾市立病院は、公立病院として、これまでから感染患者の入院受け入れ、検査体制の確保等に病院スタッフが一丸となって取り組んでおり、今後も市民の皆様が安心していただけるように、感染症が終息を迎えるまでは、優先して対応していきたいと考えており、新型コロナウイルス感染症に対応しつつ、「公立病院としての役割」を果たすとともに、「医療の質の向上」と「健全経営」に努めていきたいと考えております。

公立病院としての役割を果たす取り組みとして、救急医療、小児・周産期医療、災害医療、高度医療等の不採算分野を含む政策医療の充実に努めるとともに、医療の質の向上として、手術支援ロボット等の医療機器の整備や施設設備の更新等のがん診療の充実や医療機能の向上に努めていきたいと考えております。

また、健全経営については、新たに策定した八尾市立病院経営計画(Ver.Ⅳ)の取り組みを推進し、PFI事業による公民協働を進めながら、安定経営で重視すべき資金を一定水準確保して、経営の健全化を図りたいと考えております。

これからも市民の皆様の生命と健康を守るために、良質で安全な医療を安定して提供できるよう病院スタッフが一丸となって取り組みますので、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

令和3年4月1日
八尾市病院事業管理者 植野 茂明

ご挨拶(八尾市立病院 特命総長 佐々木 洋)


平成31年3月に、病院長定年後4年間勤めさせていただいた総長職を辞し、この4月より新設された特命総長を拝命致しました。

これまで、総長として、より広い視野に立ち、大所高所から市立病院の医療全般を舵取りし、地域医療に貢献することを心がけてきました。その間、地域包括ケアシステムや地域医療構想、新公立病院改革プランの中での公立病院の立ち位置の確立や、がん診療連携拠点病院として中河内地域でのがん連携ネットワーク作りなどを、積極的に推進してきました。さらに、昨年7月より大阪府病院協会会長職を拝命し、大阪府医療審議会委員など、八尾市や中河内医療圏のみならず、大阪府全体の医療に関する諸問題を議論し、それに対する施策の決定や承認を行う立場になっています。

今回の特命総長職は、特命院長のような臨床の一分野に特化した職ではなく、総長よりもさらに広い視野をもって、病院の内外での活動を通じて、八尾市立病院の医療を牽引すると共に、より広範囲な医療圏全体の医療のレベルアップを図る推進役としての機能を果たすことを期待されていると考えています。実際、自病院のみならず、医療圏全体の底上げは、公立病院に課された使命の一つであり、特命総長として、その任務を遂行すべく全力を尽くす所存です。

公立病院改革プランに基づいて進めてきた経営合理化は、7年連続黒字化により一定の成果を上げることができました。さらに公立病院として要求されている地域医療構想に沿った機能として、施設機能、診療体制の充実を図って、がんなど高度で専門的な診療を推進する一方、救急、小児、周産期医療など、地域に密着した医療も積極的に遂行してきました。がんを中心とする高度医療と地域密着医療は当院の診療の両輪であり、現状に満足することなく、今後も進めていかなければならないと思っています。

最後に、本来の外科医として、長年研鑽を積んできた肝胆膵手術や、外来、特に少しでも困っておられる患者さんの一助になればと始めた「肝臓がんよろず専門外来」や「セカンドオピニオン」なども、従来以上に力を入れて、一人でも多くの患者さんの健康を守りたいと考えています。

平成31年4月
八尾市立病院 特命総長 佐々木 洋

ご挨拶(八尾市立病院 総長 星田 四朗)

平成31年4月に八尾市立病院の診療体制が新しくなり、このたび総長を拝命しました。超高齢社会の我が国は、医療への社会的ニーズが目まぐるしく変化しています。

市立病院に求められる役割を実現していくため、病院長に在職中は職員に対し3本の矢「急性期病院機能の充実」「地域医療支援病院としての活動の継続」「地域がん診療連携拠点病院としての活動の定着化」を“市立病院チーム”一丸となり推進していくというメッセージを発し、これらの実現に奔走しました。

結果としては、病院の救急搬送患者数も増加の一途を示し、入院患者数も年々増加し、黒字経営を7年以上にわたって継続することができました。

「高度で良質な医療の提供」「地域に密着した医療の推進」「品格ある病院運営の実践」といった病院の基本理念の実現のためには、「3本の矢」を束ねる組織力が必要です。病院では医師・看護師の人数と同数の技師・事務職などの多職種の方が働いています。個々の力は微力でも総合的にめざす方向を一致させチーム医療をより推進することで病院運営を発展させることができます。平成30年4月に八尾市は中核市となり、保健所も八尾市の管轄に入ったことより、市立病院としては保健所と歩調を合わせて市民の健康を包括的にサポートしていきたいと思います。

当院の病院運営は他の公立病院と違って平成16年度より公民協働(Public-Private-Partnership PPP)を基盤とするPFI(PrivateFinanceInitiative)方式を全国に先駆けて行っています。民間のノウハウを公立病院の運営に反映させ、公と民の長所を生かす取り組みです。平成30年度には当初予定された15年間の第一期が終わりました。5月から元号が令和に変わるとともに医療環境の変化に合わせた第二期の15年間が始まります。

病院の基本である医療安全を柱に、地域医療構想を踏まえて地域における医療ニーズを的確にとらえ、皆さんにより愛される病院をめざすにはどうしたらよいのかを絶えず考え実行に移していきます。広報誌・市立病院公開講座などを通じてより多くの情報発信に努め、病院職員一同団結して市民が誇れる病院をめざしてまいりますので、これからもご期待ください。

平成31年4月
八尾市立病院 総長 星田 四朗

ご挨拶(八尾市立病院 病院長 福井 弘幸)

令和4年4月1日付けで八尾市立病院の病院長に就任いたしました福井でございます。私は平成5年に大阪大学医学部付属病院から本院に赴任し、消化器内科部長、副院長を務めてまいりました。八尾市・中河内医療圏の医療現場での経験を活かし、病院長としてもできることを最大限努めて行く所存です。これからもよろしくお願いいたします。

本院の新型コロナウィルス感染症対応は2年以上にもわたり、未だ感染症の収束も見通せないなか、日常生活で大変なご苦労をされている市民の皆様から、医療現場へ温かいお言葉をいただき、大変感謝しております。

本院は、平成16年に久宝寺に新築移転してからも、充実した急性期医療を提供できる体制を整えてきました。地域の皆様に良質で安全かつ高度な医療を提供することをめざして、医療スタッフの充実に加え、施設機能や診療体制の充実を図ってまいりました。その中で、平成24年11月に「地域医療支援病院」、平成27年4月には国指定の「地域がん診療連携拠点病院」に指定されました。令和2年4月には中河内医療圏で唯一の「地域がん診療連携拠点病院(高度型)」に指定されるなど、診療内容も高く評価されています。昨年度には病院1階に地域医療連携センター・入退院支援センター、2階には診療支援・相談窓口(がん診療支援室、患者サポートセンター)を整備し、また、手術支援ロボットも稼働させるなど、更なる外来・手術・入院機能の充実を進めております。

そして、今後はこれらの充実した設備・機器・機能を地域の皆様や医療機関に広く知っていただき、必要な時にしっかりご利用いただけるような環境整備も進めて行きたいと考えています。

本院は、急性期医療・地域医療支援・がん診療を3本の柱として医療体制を推進してまいりました。これらは今後も間違いなく本院の柱です。そして、これら3本の柱に加え、救急医療、小児・周産期医療、災害医療は地域の中核病院である八尾市立病院の果たすべき役割でもあります。本院の理念であります高度で良質な医療、地域に密着した医療、品格ある病院運営を実践すべく、病院一丸となって前進してまいります。

今後とも皆様のご理解とご支援をよろしくお願いいたします。

令和4年4月1日
八尾市立病院 病院長 福井 弘幸