八尾市立病院ご案内

ご挨拶 (八尾市病院事業管理者 植野 茂明)

 令和3年4月1日付で八尾市病院事業管理者を拝命いたしました 植野 茂明 でございます。

 八尾市立病院は、昭和25年2月の開院以来、地域の中核病院として、また市唯一の公立病院として、“地域医療支援病院”“地域がん診療連携拠点病院”“地域周産期母子医療センター”等の病院機能を有し、その役割を果たしてきており、市民に信頼され、職員としても誇りを持てる病院をめざし、病院スタッフが一丸となって、取り組んでいる病院であると感じております。

 私は、このたび病院事業管理者に着任することになり、病院運営の責任者として、責任の重さを深く受けとめるとともに、先人から積み上げられてきた良き伝統を引き継ぎ、その任を着実に果たすべく、決意を新たにしております。

 現在の医療を取り巻く環境は、非常に厳しく、特に新型コロナウイルス感染症に対し、公立・公的医療機関を中心にその対応に注力しており、通常診療との両立が課題となっている状況です。

 八尾市立病院は、公立病院として、これまでから感染患者の入院受け入れ、検査体制の確保等に病院スタッフが一丸となって取り組んでおり、今後も市民の皆様が安心していただけるように、感染症が終息を迎えるまでは、優先して対応していきたいと考えており、新型コロナウイルス感染症に対応しつつ、「公立病院としての役割」を果たすとともに、「医療の質の向上」と「健全経営」に努めていきたいと考えております。

 公立病院としての役割を果たす取り組みとして、救急医療、小児・周産期医療、災害医療、高度医療等の不採算分野を含む政策医療の充実に努めるとともに、医療の質の向上として、手術支援ロボット等の医療機器の整備や施設設備の更新等のがん診療の充実や医療機能の向上に努めていきたいと考えております。

 また、健全経営については、新たに策定した八尾市立病院経営計画(Ver.Ⅳ)の取り組みを推進し、PFI事業による公民協働を進めながら、安定経営で重視すべき資金を一定水準確保して、経営の健全化を図りたいと考えております。

 これからも市民の皆様の生命と健康を守るために、良質で安全な医療を安定して提供できるよう病院スタッフが一丸となって取り組みますので、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

令和3年4月1日
八尾市病院事業管理者 植野 茂明