八尾市立病院ご案内

ご挨拶 (八尾市病院事業管理者 福田 一成)

八尾市病院事業管理者の福田 一成でございます。
     
八尾市立病院は昭和25年2月の開院以来、市唯一の公立病院として、また市民のための地域の中核病院として、平成27年4月には国による地域がん診療連携拠点病院の指定を受けるなど、「市民に愛され、職員が誇りを持てる病院」という目標に向って、病院職員が一体となって、一歩一歩確実に前に進んでいる病院であると感じております。

医療機関を取り巻く環境は、超高齢社会の到来を控え、依然として厳しい状況にありますが、着実に「医療の質の向上」に努めつつ、「健全経営」に向けた取り組みを進めていかなければならないと考えております。

「医療の質の向上」については、総長・病院長のお力を借りながら、がん診療に加え、救急医療、小児・周産期医療などの政策医療の充実に努めてまいります。また、循環器疾患や糖尿病などの医療ニーズにも対応するべく、高度医療機器などの更新・充実に努めていくとともに、地域医療支援病院としても地域完結型医療をめざし、地域の医療機関などとさらに連携を深めていく必要があると考えております。

また、本市におきましては、“まちづくりのNextStage”へと大きく飛躍することをめざし、本年4月に中核市へと移行いたしました。これに伴い市保健所を設置し、市民の命を守る安全・安心の取り組みや健康づくりを一層進めることとしております。市立病院としましては、市保健所との連携を強化し、「臨床の現場」という立場から、市民の健康な生活を支える一翼をしっかり担ってまいります。

さらに、「健全経営」については、平成23年度から6年連続で単年度純利益(黒字)を続けることで、平成29年度には、2つの全国組織からの優良病院表彰を受けました。(※自治体立優良病院表彰、全国公立病院連盟会員病院表彰)この流れを途切れさせることなく、引き続き経営健全化の取り組みに全力をあげたいと考えております。

平成30年度は、平成16年5月の現在の場所への新築移転にあわせ、日本初となる運営型のPFI事業の開始から早くも14年が経過しようとしています。現PFI事業の契約期間も残り1年を切り、契約終了後の次期事業の事業者の選定を進めているところであります。病院運営に民間のノウハウを活用しつつ、公民協働の意識を醸成しながら、病院に勤務するすべての職員が一丸となって取り組みを進め、引き続き市民の命と健康を守り、良質で安全な医療を提供してまいる所存ですので、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

平成30年4月
八尾市病院事業管理者 福田 一成