医療機関の方へ

保険薬局の皆様へ

平成26年8月1日より、緩和ケアの地域連携(病薬連携)を進めるため、地域の保険薬局の薬剤師の方々には、医療用麻薬等の鎮痛剤の初回使用や用量の増減時に、自記式の服薬記録(以下「自記式手帳」)を渡して、服薬指導を行って頂きますようお願いいたします。
自記式手帳は、どのようなタイプのものを使用していただいても構いません。
指導されました内容や服薬指導上で発見されました問題点などは、当院に疑義照会と同じFAXで情報のフィードバックを行っていただくとともに、自記式手帳については、次回診察時に持参いただくようご指導いただきたいと思います。
なお、当院からの医療用麻薬等の鎮痛剤の処方には、コメントとして「自記式手帳で服薬指導し、内容をFAXしてください。」と印字いたします。