地域のみなさまへ

八尾市立病院は地域医療支援病院として承認を受けています

地域医療支援病院とは、医療施設機能の体系化の一環として、患者さんに身近な地域で医療が提供されることが望ましいという観点から、紹介患者さんに対する医療提供、医療機器等の共同利用の実施等を通じて、かかりつけ医、かかりつけ歯科医等を支援する能力を備え、地域医療の確保を図る病院としてふさわしい構造設備等を有する病院について、都道府県知事が承認する制度です。
その重要性を真摯に受け止め、重責を果たしていけるよう、地域医療への貢献と医療圏全体の医療の質の向上の推進役として取り組んでいます。
地域医療支援病院の主な承認要件の概要は以下の通りです。


(1) 紹介患者さんに対する医療の提供体制が整備されていること
初診患者のうち他の医療機関からの紹介患者の占める割合(紹介率)及び他の医療機関に紹介した割合
(逆紹介率)が以下のいずれかに該当すること
① 紹介率80%以上
② 紹介率65%以上 かつ 逆紹介率40%以上
③ 紹介率50%以上 かつ 逆紹介率70%以上  ※当院は③に該当します

(2) 病院の施設・設備を地域の医療従事者に利用させる体制が整備されていること(共同利用)
・ 登録医制度の運用
・ 登録医が共同利用できる病床(開放病床)の確保
・ 他医療機関による検査依頼対応等(CT、MRI、内視鏡検査、超音波検査等)

(3) 救急医療を提供する能力があること
・ 24時間体制での救急患者受け入れ
・ 重症救急患者が優先使用できる病床の確保
・ 救急車による傷病者の搬入に適した構造設備

(4) 地域の医療従事者の資質の向上を図るための研修の実施する能力を有すること
・ 症例検討会、講演会、研修会等の実施
・ 研修委員会の設置、研修プログラムの作成
・ 図書の整備
・ 医療情報の収集、地域の医師等への情報提供

(5) 原則200床以上の病院であること

(6) 必要な構造設備・施設を有すること
・ 集中治療室(ICU)、検査施設(化学、細菌、病理)、病理解剖室
・ 研究室、講義室、図書室
・ 救急自動車
・ 医薬品情報管理室