診療科・部門ご案内

八尾市立病院におけるインシデント・アクシデント報告について

当院では、地域の方々に安心して医療を受けていただくために医療安全の推進に日々積極的に取り組んでいます。その1つにインシデント・アクシデント報告の収集・分析があり、それをもとにして様々な改善策の検討を行っています。令和2年度から医療安全活動の一環として、インシデント・アクシデントの年間報告状況を公表します。

1. 用語について

インシデント
誤った医療行為や管理に起因するもの、あるいは明らかな誤りはないが、医療行為や管理上の問題に起因するもので、結果として患者さまに重大な身体的影響を及ぼさなかったものをいいます。具体的には、実施される前に発見された場合、実施されたが実害がない場合、処置・治療は必要ないが、観察の強化などを要した場合、簡単な治療や処置を要した場合が該当します。
アクシデント
誤った医療行為や管理に起因するもの、あるいは明らかな誤りはないが、医療行為や管理上の問題に起因するもので、結果として患者さまに一定以上の身体的影響が及んだものをいいます。具体的には、濃厚な処置や治療を要した場合、後遺症や障害が残った場合、死亡した場合が該当します。

2.身体的被害の影響度分類

分類 レベル 内容
インシデント 医療行為や管理上に誤りまたは問題があったが、実施されなかった
医療行為や管理上に誤りまたは問題があり実施されたが、実害はなかった
処置や治療は行わなかったが、観察の強化、バイタルサイン(呼吸・脈拍・血圧・体温・意識レベルなど)の軽度の変化、安全確認のための検査などの必要性が生じた
3a 簡単な処置や治療を要した(消毒、湿布、皮膚の縫合、鎮静剤の投与など)
アクシデント 3b 濃厚な処置や治療を要した(バイタルサインの大きな変化、人工呼吸器の装着、手術、骨折、入院日数の延長、外来患者の入院など)
4a 永続的な障害や後遺症が残ったが、明らかな機能障害や美容上の問題を伴わない
4b 永続的な障害や後遺症が残り、明らかに機能障害や美容上の問題を伴う
死亡(原疾患の自然経過によるものを除く)