診療科・部門ご案内

5階東病棟

内科、脳神経外科、外科と救急病床を備えた混合病棟で、急性期から回復期、慢性期、終末期と幅広い疾患の看護が提供できる病棟です。
内科は主に、糖尿病、肺炎、脳血管疾患などの患者様を対等としています。
糖尿病は2週間の教育入院を基本とした教育入院プログラムを実施し、多職種と連携を行いながら、食事、運動、生活指導と合わせ、血糖コントロールを行い、合併症を予防し糖尿病と共に仲良く付き合って頂く為の教育指導を行っています。
脳神経外科は、脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、硬膜下血腫などの急性期治療の患者様が多く、神経症状を見落とさないように観察を行いながら、日常生活援助を中心とした看護を行っています。外科は、少数ですが、手術期から終末期まで幅広い看護を提供しています。
5階東病棟は、緊急入院が多く、突然の入院に、患者様、ご家族の精神的不安が大きく、その気持ちを理解し、私達看護師は、「親切で思いやりのある看護」が提供出来るよう、処置や検査の対応や日常生活援助と共に精神的援助をおこなうように心がけています。