診療科・部門ご案内

集中治療部

ICU入室対象は、急性意識障害、急性呼吸不全、閉塞性肺疾患などの慢性呼吸不全の急性憎悪、急性循環不全(狭心症、心筋梗塞、心不全)、各種ショック、重篤な急性代謝障害(肝不全、腎不全、重症糖尿病)、大手術、心肺蘇生後などです。
集中治療部においては、刻々と変化する患者様の状態を的確に捉え判断し、救命、生命維持を第一優先に対応しています。
内視鏡(気管支鏡、消化管内視鏡)、超音波装置(心臓、腹部、血管など)、人工呼吸器(NPPV含む)、血液浄化装置(血液透析、持続血液ろ過透析、エンドトキシン吸着)、大動脈内バルーンパンピング装置、経皮的心肺補助装置などを使用し治療にあたっています。
医療体制は、集中治療部医師、麻酔科医師が24時間体制で常在しており、2対1の看護配置を敷いています。主治医や感染制御内科などコンサルテーションを行った科の医師、臨床工学技士、検査技師など、様々な医療スタッフとも協力して24時間生体情報の監視を行い、迅速で的確な治療と看護を実践しています。その他チーム医療のラウンドや、介入を受け、専門性の高い医療を行っています。
集中治療部は、様々な監視モニターや点滴のライン・人工呼吸器などの機械類に囲まれ、患者様にとっては特殊な環境になります。しかし、治療と並行して可能な限り患者様の生活リズムなどを考慮し、日常生活の援助を行っています。私達集中治療室スタッフは、医師を始め、「笑顔と優しさ」を忘れないで、患者様・御家族の方への配慮を大切にし、信頼関係を築いています。
集中治療部では、急性期医療や看護を行ううえで、研修医・新人職員や看護学生などの教育に適した部署で、研修後はそれぞれのスタッフから「自信につながった」との評価が出ています。