診療科・部門ご案内

ステレオガイド下マンモトーム生検について

乳房にあるしこりなどマンモグラフィや超音波検査などで異常が見つかった場合、その病変の良悪性を診断するのに病変から組織をとり、病理学的検査(顕微鏡検査)を行うことを生検といいます。当科では超音波検査にて観察が可能な病変に対しては超音波画像を見ながら検査を行います。超音波検査では見えなく、マンモグラフィのみでしかわからない微細な石灰化像に対してはレントゲンを用いたステレオガイド下マンモトーム生検を行っております(毎週木曜日午後)。