診療科・部門ご案内

当院で使用しているマンモグラフィ

当院は大阪府下でも数少ない、乳房の画像診断に画期的な診断能力の向上をもたらす、デジタルブレストトモシンセシス(乳房トモシンセシス)技術を搭載した乳房X線撮影装置(Selenia Dmensions)を使用しています。
従来のX線マンモグラフィは、2D画像のモダリティであり、病変の上下からのX線信号の散乱のため、病変を視覚化するのが往々にして困難なことがありましたが、この乳房トモシンセシスでは組織の重なりを効率的に減少、または排除することが出来る3D撮影法であります。