診療科・部門ご案内

特徴

八尾市立病院 血液内科は、日本血液学会の教育機関です。
   
血液内科の専門医2名が常勤し、基幹病院として急性期医療・救急医療を行い、地域医療の中核を担うべく最先端の高度医療を行っています。
   
白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫をはじめとする造血器腫瘍、貧血一般、再生不良性貧血、血小板減少症などを主に診療対象疾患としており、中でも造血器腫瘍においては寛解・治癒を目ざしながらも、患者様のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を重視した化学療法を心がけています。