診療科・部門ご案内

病理診断科って何をしているところ?

病理診断科の最も重要な仕事は「癌の最終診断をする」ことです。

現在、心筋梗塞や脳血管障害とともに非常に重要な疾患である「癌」は消化器科・外科・婦人科などの臨床医が診察や内視鏡検査などを行い、またレントゲンやCTなど放射線科医の画像診断をもとに「臨床的に」癌と診断します。
しかしながら癌の治療を行う上では、原則として「病理学的検査」による最終診断をしなければなりません。
臨床医によって様々な方法で採取された病変部の組織を顕微鏡で診て癌かそうでないかを診断します。

この病理学的検査=病理学的診断を行うのが「病理医」です。
病理専門医は2013年9月1日現在、全国で2232名、大阪府では165名です。
大変少ない人数で、全国の癌の最終診断をしていることになりますが、その中の一人が当院に勤務しています。