診療科・部門ご案内

病理検査にはどんなものがある?

1. 病理組織検査(生検)

胃内視鏡検査の時に採取する胃粘膜の検体、乳腺超音波検査や前立腺超音波検査などの際に針を刺して採取する検体、婦人科診察の際に鉗子で採取する子宮頚部の検体などから、臨床検査技師が顕微鏡で観察できる標本(組織標本・プレパラート)を作製しその像を見て診断します。

2. 病理組織検査(手術材料)

手術で摘出された臓器(腫瘍)から多数の組織標本を作製し、腫瘍の大きさ・進行度・リンパ節転移の有無などを調べ、癌が完全に切除されているかどうかなど、手術後の詳細な検索をします。


胃がん顕微鏡写真

手術で摘出された臓器(腫瘍)から多数の組織標本を作製し、腫瘍の大きさ・進行度・リンパ節転移の有無などを調べ、癌が完全に切除されているかどうかなど、手術後の詳細な検索をします。

3. 細胞診検査

子宮頚部を綿棒などでこすったり、乳腺に針を刺して細胞を吸引したりして採取された細胞を観察して、良性・悪性の判断や次の検査に進むかどうか、問題となる所見はないなどの判断をします。
この標本を詳しく診るのが細胞検査士で、問題例については細胞診専門医とともにもう一度観察して結果を報告します。


乳癌細胞

4. 病理解剖

亡くなられた際の病状を把握することにより、若い医師の教育や、今後の診療に役立てることができるように、病理解剖を行うのも病理診断科の業務です。
亡くなられた患者さんのご遺族には、担当医からご協力のお願いをさせていただきます。
実際の病理解剖は資格を持った病理専門医が行います。

以上のような検査を行う上で、標本を作製したり、細胞検査を担当する臨床検査技師も非常に重要な役割を果たしています。
質の良い標本作製は正確な病理診断に欠かせないものです。