診療科・部門ご案内

形成外科

スタッフ

補職名等 医師名 専門分野 学会認定など
形成外科医長 三宅 ヨシカズ 外傷
乳房再建
難治性潰瘍
下肢静脈瘤
リンパ浮腫

など

日本形成外科学会 専門医・指導医
日本形成外科学会 皮膚腫瘍外科分野指導医
日本創傷外科学会 専門医
日本臨床皮膚外科学会 専門医
日本下肢救済・足病学会 認定師
日本褥瘡学会 認定師(医師)
日本職業・災害医学会 労災補償指導医
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
エキスパンダー/インプラント実施施設責任医師
臨床研修指導医
関西形成外科学会 評議員
形成外科医長 仲野 雅之 日本形成外科学会 専門医
日本創傷外科学会 専門医
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
エキスパンダー/インプラント実施施設責任医師
形成外科医師 松岡 祐貴
非常勤医師数名
 

形成外科とは

「機能回復」と「社会生活の質の向上」を目指す外科系の専門領域で、主として、体表の形態に関する疾患を扱います。

 

形成外科で取り扱う疾患

  • 母斑(ほくろ・あざ)、血管腫(赤あざ)
  • 皮膚腫瘍、瘢痕(傷あと)、ケロイド
  • 熱傷、顔面骨骨折、顔面外傷、手指外傷、切断指
  • 多指症、合指症、副耳、耳前瘻孔、埋没耳、耳垂裂、突出臍(でべそ)
  • 眼瞼下垂(まぶたの下がり)、内反症(さかまつげ)、巻き爪
  • 乳房再建、陥没乳頭
  • 難治性潰瘍
  • 下肢静脈瘤
  • 四肢リンパ浮腫  など
 

特徴

当科では切断指救急を積極的に受け入れるとともに、形成外科一般の診療にあたっています。

  • 切断指など手指外傷
  •  非常に工場の多い地域にあるため、手指の外傷も多く、24時間オンコール体制をとっています。緊急手術での手指再接着手術だけでなく、組織の欠損が大きい場合には、顕微鏡下に血管や神経をつなぐマイクロサージャリーを用いた自家組織移植による再建手術を行っています。
    読売新聞の調査で、平成28年の切断指再接着手術は全国で3番目の症例数でした。
    また、リハビリ科とも協力し、外傷後の手指のリハビリを行っています。

  • 乳房再建
  •  乳腺外科、乳がん看護認定看護師とも協力し自家組織、人工物(インプラント)を使用した再建を行っています。乳がん手術との同時手術(一次再建)だけでなく、以前に手術をした乳房の変形に対する再建(二次再建)も行っています。

  • 難治性創傷
  •  治りにくいキズを難治性創傷といいます。原因は糖尿病による神経障害(足のしびれ)動脈硬化による血流の障害、静脈瘤などによる血液のうっ滞や自己免疫疾患など様々です。患者個人の背景を把握し、各種検査を行うことで、適切なキズの評価を行い、治療方針を決定する必要があるため、通常の外来とは別に、難治性創傷外来の枠を設けています。形成外科のみで治療が完結することもありますが、原因によっては糖尿病内科や循環器内科などと連携して治療を行っていく必要があります。また、看護師や理学療法士、義肢装具士などの協力も必要になります。特に近年増加しているのは、動脈硬化による血流障害から生じたキズです。下肢の動脈が狭くなることにより、足先にまで血液が供給できなくなるため、キズが生じた際になかなか治りません。その場合、血管カテーテル治療などで血流を改善させた上での治療が必要です。当院循環器科では下肢の動脈に対しても積極的に治療を行っており、幅広い治療が可能になっています。下肢静脈瘤やそれに伴う下腿潰瘍に対する治療や、巻き爪に対する治療も可能です。原因によっては一度キズが治癒しても再発することが多いため再発予防が重要です。フットケアや適切な装具を装着することで、できるだけ再発を少なくすることができます。従来下肢切断を勧められる様な状態でも、集学的治療により下肢の温存ができるようになってきました。当院でも、下肢の創傷を中心に積極的に治療を行っています。

  • 四肢リンパ浮腫
  •  四肢のリンパ浮腫には、先天性あるいは原因不明のリンパ浮腫(原発性リンパ浮腫)と癌治療のためのリンパ節の切除など、原因のあるリンパ浮腫(続発性リンパ浮腫)があります。当科では、リンパ浮腫に対してリンパ管静脈吻合による治療を行っています。リンパ浮腫患者の約30%に発生すると蜂窩織炎を予防する効果があると報告されています。

     

    専門外来

    乳房再建外来 火曜日 午後 担当 三宅ヨシカズ
    難治性創傷外来 木曜日 午後 担当 仲野雅之 特定看護師 横山
     

    施設認定

    日本形成外科学会 認定施設

    日本乳房オンコプラスティックサージャリ-学会認定
          乳房再建用エキスパンダー/インプラント実施施設