診療科・部門ご案内

放射線治療科

スタッフ

補職名等 医師名 専門分野 学会認定など
特命院長
兼 放射線治療科部長
西山 謹司 放射線医学
(放射線治療)
日本医学放射線学会 放射線科専門医
日本放射線腫瘍学会 認定医
大阪大学連携大学院 教授
放射線治療科医長 豊福 隆将 放射線医学
(放射線治療)
日本医学放射線学会 放射線治療専門医
日本放射線腫瘍学会 放射線治療専門医
 

診療科概要

 がんの放射線治療を行っております。対象となるがんは脳腫瘍、頭頚部がんおよび肺がん、縦隔腫瘍、などの胸部の腫瘍、食道がん、肝がん、膵がん、直腸がんなどの消化器がん、乳がんおよび腎がん、膀胱がん、前立腺がんなどの泌尿器科腫瘍、子宮がん、外陰がんなどの婦人科腫瘍、悪性リンパ腫などのリンパ系腫瘍など多岐にわたります。
 平成28年3月から新リニアックが稼働し、強度変調放射線治療(IMRT)、定位照射(ピンポイント照射)などの高精度照射が可能となりました。強度変調放射線治療(IMRT)を用いることで前立腺がんでは直腸、膀胱障害、肺がんでは肺障害、腹部照射では消化管障害が大幅に減少します。その他の特殊な照射法として乳がん術後照射では照射後の不整脈、冠動脈障害を低減するための心臓除外照射や全脳照射後の有害事象である認知症発症を回避するための海馬線量低減する照射なども導入しております。

 

診療体制

  1. 初診外来:月曜日の午前・午後、木曜日の午前・午後に初診患者を受け付けています。
    院内だけでなく、院外の初診患者も当科で直接受け付けています。
  2. 再診、照射中外来:放射線治療後の患者様、照射中の患者様の診察を火曜日の午前・午後、水曜日の午前・午後に行っています。
  3. 院外からの放射線治療についての電話の問い合わせにも応じています。
 

診療科実績データ

2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
新規症例 317例 302例 326例 257例
照射数 7441例 7486例 8086例 7030例
乳がん 103例 101例 82例 87例
前立腺がん 57例 68例 76例 53例
肺がん 67例 64例 60例 62例
食道がん 18例 16例 13例 19例
大腸がん 19例 14例 10例 20例
肝胆膵がん 23例 16例 18例 16例
強度変調放射線治療
(IMRT)
158例 147例 151例 128例
定位放射線治療
(ピンポイント照射)
29例 29例 18例 18例