八尾市立病院ご案内

骨密度測定検査装置

骨密度測定検査装置

八尾市立病院の骨密度測定検査装置は、微量のエックス線を腰椎測定部位に照射し、通常腰椎の骨量を測定するDXA法(デキサ法:二重エックス線吸収測定法)を用いた骨密度測定装置です。
このDXA法は現在、骨粗鬆症の診断および治療効果の判定に、最も多く使用されています。全身の骨密度及び骨塩量の測定とボディコンポジション(脂肪量・非脂肪量)の同時測定が可能な広範かつ高度な測定機能を有する最新機種です。
高齢化社会に伴い、潜在的な患者の骨塩量を測定して骨量減少に基づく骨粗鬆症を調べ、骨折の危険を予測し、適切な治療を行うことを目的としています。