診療科・部門ご案内

産婦人科

スタッフ

補職名等 医師名 専門分野 学会認定など
産婦人科部長 山田 嘉彦 産婦人科 日本産科婦人科学会 専門医・認定医
大阪医師会 母体保護法主任指導医師
産婦人科医長 水田 裕久 産婦人科 日本産科婦人科学会 専門医
大阪医師会 母体保護法指導医師
産婦人科医長 吉澤 順子 産婦人科 日本産科婦人科学会 専門医
産婦人科医長 佐々木 高綱 産婦人科 日本産科婦人科学会 専門医
大阪医師会 母体保護法指導医師
産婦人科医長 重光 愛子 産婦人科 日本産科婦人科学会 専門医
日本超音波医学会 専門医
大阪医師会 母体保護法指定医師
日本周産期・新生児医学会 周産期専門医(母体・胎児)
産婦人科副医長 松浦 美幸 産婦人科 日本産科婦人科学会 専門医
大阪医師会 母体保護法指定医師
産婦人科副医長 山田 弘次 産婦人科
 

産婦人科からのお知らせ

外来では、妊娠初期からの胎児スクリーニング、妊婦管理に力を注いでいます。妊娠の可能性があれば出来るだけ早期に、又合併症を有する方や、前回妊娠時、分娩時に何らかの指摘を受けた方も出来るだけ早期に受診して下さい。

更に八尾市立病院の小児科NICUを併設し、30週前後から対応していますので、産婦人科もそれに伴い切迫早産、前期破水、子宮内胎児発育遅延、前置胎盤など多くのハイリスク妊娠の方の受け入れが可能です。

なお、安全確保のため分娩数の制限をしておりますので、ご了承ください。
本院での出産を希望される方は、できるだけ早くご相談ください。

マタニティクラスのご案内

 

産科

産科では、地域の先生方の二次救急施設として、産科の緊急母体搬送に対応出来る様努力しています。
現在小児病棟にNICU6床が稼動し、28週以降1000g以上の早産児に対応しています。

それに呼応して産科では、切迫早産、前期破水(PROM)、子宮内胎児発育遅延(IUGR)、前置胎盤など、多くのハイリスク妊娠の母体搬送の受け入れが可能です。ただし緊急母体搬送の受け入れには、NICUの空床状況や医師、スタッフの人員確保の問題がありますので、事前にお電話で連絡を入れて頂きます様お願い致します。

また、正常妊娠に関しましては、妊婦健診を先生方の診療所(病院)で受けて頂いて、9ヶ月ごろより分娩まで当科で診させて頂くことも可能です。
妊娠の出来るだけ早い時期に一度当科外来にご紹介頂き、分娩予約をして頂きます様お願い致します。

 

婦人科

婦人科手術は卵巣癌、子宮頸癌、子宮体癌など癌疾患の手術、卵巣嚢腫、子宮筋腫、子宮脱などの良性疾患の手術など、幅広い疾患の手術にも対応しており、腹腔鏡下手術・子宮鏡下手術も行っております。また、悪性腫瘍に対する化学療法・放射線療法にも対応しておりますが、一部、子宮頚癌に対する腔内照射など施設として対応のできない放射線療法もあります。また、緩和医療チームや地域の開業医の先生と連携し、終末期医療も行っております。