診療科・部門ご案内

脊椎外来ってどんなことをするの?

八尾市立病院 脊椎外来では、主に頚椎・腰椎の変性疾患に対して、保存的治療と手術を行っています。具体的な症状を簡単にご説明します。

椎間板ヘルニア 頚椎の場合、首から腕にかけての痛みや手のしびれ
腰椎の場合、腰からふとももにかけての痛みや足のしびれ
頚髄症 手のしびれ、ボタンがはめにくい、はしが使いにくい、歩く時にふらつく
腰部脊柱菅狭窄症 しばらく歩くと、腰から足にかけてのしびれや痛みが強くなり座るとおさまり、
又歩けるようになる

以上のような症状でお困りの方がいらっしゃいましたら、一度(かかりつけ医)の先生にご相談していただき、紹介状を書いて頂いてお気軽に受診してください。