診療科・部門ご案内

専門外来のご案内

(1)アレルギー(月・火・木・金曜日) 担当:濱田匡章医師
【主な対象疾患】
アトピー性皮膚炎
外用薬の塗り方が不十分なために、かゆみで苦しんでいるお子さんが数多くおられます。アレルギー外来では「どの外用薬を」「どこに」「いつまで」「どれだけ」塗ればいいのかなど、具体的で丁寧な説明を行うよう心がけています。また、「プロアクティブ療法」を実践することで、ステロイド外用薬の総使用量を減らすことが可能になります。
気管支喘息(ぜんそく)
ガイドラインに則った治療により喘息(ぜんそく)発作のコントロールを行っています。個々の患者さんごとに必要性を見極めた上で吸入ステロイドを導入していますが、そのようなお子さんでも必要最小限の量で管理できるよう心がけています。また、根治を目指した治療としてダニ急速免疫療法を行っています
アレルギー性鼻炎
一般にアレルギー性鼻炎(花粉症を含む)に対して内服薬や点鼻薬などによる治療が行われますが、それでも毎年花粉が飛散する時期にはアレルギー症状でお困りのお子さんも多いのではないかと思います。当院では根本的に体質を改善する治療として、スギ花粉エキスを用いた急速免疫療法を行っています。
食物アレルギー
食物アレルギーのお子さんに安心して食事をしていただけるよう、きめ細やかな指導を心がけています。例えば、炒り卵が食べられなくてもクッキーやカステラが食べられることがありますし、牛乳が飲めなくても食パンや乳入りのお菓子が食べられることがあります。このように適切な指導を行うためには、食物経口負荷試験を行って制限する食品の閾値(いきち)(それ以上摂食するとアレルギー症状が出る量)を判定する必要があります。当院では、原則として日帰り入院での負荷試験を行っていますが、これにより軽いアレルギー症状の段階で迅速に対応することが可能となっています。
表1.昨年1年間の負荷試験実施状況(2015年1月1日〜12月31日)
食 品 負荷試験実施数 陽性症状(※)
出現例
アドレナリン使用例
213件 79件(37.0%) 2件(0.9%)
牛乳 89件 39件(43.8%) 2件(2.2%)
小麦 43件 20件(46.5%) 2件(4.6%)
その他
(大豆、そば、ナッツ類
、甲殻類など)
43件 16件(37.2%) 0件(0.0%)
388件 154件(39.6%) 6件(1.5%)

※ 陽性症状:発疹、喘鳴、腹痛、嘔吐、下痢、傾眠傾向など

■負荷試験の実施状況(2015年)
2015年は388件の負荷試験を実施しましたが、このうち、卵が55%、牛乳が23%、小麦が11%、その他(大豆、そば、ナッツ類、甲殻類など)が11%を占めていました(表1)。388件中154件(39.6%)に陽性症状が出現しましたが、食事制限を続けてこられたお子さんの中には負荷試験で症状の出ない方も数多くおられます。なかでも、そばや甲殻類は、血液検査が陽性というだけで除去されているお子さんが多いのですが、陽性率はそれほど高くありません。負荷試験を受けるのを躊躇されておられる方はアンケート結果(負荷試験を受けられたご家族のご意見)を参考にしていただければと思います。

■負荷試験における陽性症状出現時の対応
2015年の負荷試験の実施状況(表1)を見ると、388件中154件(39.6%)に何らかの陽性症状が出現し、そのうちアドレナリンを使用したケースは6件(1.5%)ありました。このように負荷試験には一定のリスクがありますので、日帰り入院での試験が安全と思われます。なお、アレルギー症状が強く出たためアドレナリンを使用したお子さんは、原則として翌日まで入院していただきます。また、アドレナリンを使用しない程度の症状のお子さんでも、帰宅するのがご不安な方には外泊をお勧めしています。2015年は1泊入院が8名と外泊が5名で、それ以外の方はすべてその日のうちに帰宅されています。

■加工品を用いた卵・牛乳に対する負荷試験
2014年に乳負荷試験の内容を一部変更しました。元来、乳製品の負荷試験は陽性率が高く重篤な症状を伴うこともあり、どこまで摂取できるかの閾値を決めるのがしばしば困難でした。当院では加工品(牛乳を含むホットケーキなど)を使用することで、比較的安全に閾値を確認することができており、それを元に自宅での栄養指導を行っています。その結果、徐々に摂取できる食品を増やせるお子さんが増えています。
同様に、これまで全く卵を摂取していないお子さんに対して、卵を含むホットケーキから負荷試験を開始し、安全で良好な結果を得ています。

■ナッツ類に対する負荷試験
ナッツ類は、ピーナッツやアーモンド、クルミ、カシューナッツなどの負荷試験を行っています。ナッツ類のアレルギーはそれぞれが独立していますので、ピーナッツが摂食できなくても他のナッツ類が摂食できることもあります。2016年度の八尾市の公立小学校の給食ではアーモンドとカシューナッツが出される予定ですので、食物アレルギーを起こしたことのあるお子さんは就学前にカシューナッツ摂食の可否を判断する必要があります。

*アレルギー外来についてのよくあるお問い合わせはこちらをご覧ください。



(2)内分泌(金曜日) 担当:能村賀子医師

【主な対象疾患】
低身長症(成長ホルモン分泌不全性低身長症、SGA性低身長)
低身長のお子さんに対して内分泌検査や骨年齢の測定を行なうとともに、必要に応じて下垂体MRI検査や染色体検査などの原因検索を行います。また、成長ホルモン分泌刺激試験の結果、成長ホルモンの分泌が不十分と判断されたお子さんには在宅での成長ホルモン治療を行なっています。
思春期早発症、思春期遅発症
思春期の発来の早いお子さん、あるいは遅いお子さんでは、単に身体的な問題だけでなく、社会的な問題につながる場合もあります。それぞれの診断基準を満たすお子さんには内分泌検査を行なうとともに原因検索を行ない、必要なお子さんにはホルモン治療を行っています。

*内分泌外来についてのよくあるお問い合わせはこちらをご覧ください。




(3)膠原病(こうげんびょう)(月・火曜日) 担当:濱田匡章医師

【主な対象疾患】若年性特発性関節炎、全身性エリテマトーデス、若年性皮膚筋炎など

小児の膠原病自体、数は少ないですが、原因不明の発熱や手足の痛みが続くお子さんでは鑑別が必要になります。これまで膠原病の多くは難治性で治療法も限られてきましたが、近年、新たに生物学的製剤や免疫抑制剤を使った治療法が導入され、予後が大きく改善されてきています。当院では、これら最新の知見を踏まえた治療を行なっています。

*膠原病外来についてのよくあるお問い合わせはこちらをご覧ください。




(4)腎臓 (月・火曜日) 担当:濱田匡章医師

【主な対象疾患】
ネフローゼ症候群
小児のネフローゼ症候群は再発が多く、お子さんの日常生活に支障をきたすことが多い疾患です。さらに、ステロイド治療が長期におよぶことによる薬の副作用も問題です。当院ではガイドラインに従ってできるだけ再発の少ない治療を行うとともに、早期に通院治療へ移行し日常生活の制限を最小限にするよう心がけています。
慢性腎炎
長期にわたって血尿や蛋白尿が遷延するお子さんに対して、診断を確定するため、あるいは腎臓の障害の程度をみる目的で腎生検を行っています。また、定期的な尿検査や血液検査の結果をもとに個々のお子さんの学校生活での制限を決定しています。
尿路感染症
反復する小児の尿路感染症の原因として膀胱尿管逆流症や後部尿道弁などがあります。当院では疑いのあるお子さんに対して、超音波検査や造影検査、腎シンチグラフィーを行い、外科的治療が必要と判断した場合には小児泌尿器科を紹介しています。
*腎臓外来についてのよくあるお問い合わせはこちらをご覧ください。




(5)血液(火曜日午後) 担当:田中一郎医師

【主な対象疾患】血友病、フォン・ヴィレブランド病、血小板減少性紫斑病、鉄欠乏性貧血など
専門施設である奈良県立医科大学と連携し、生まれつき血液が固まりにくい血友病やフォン・ヴィレブランド病の患者さんの診療を行なっています。その他、診断のつかない出血性疾患にも対応しています。

*血液外来についてのよくあるお問い合わせはこちらをご覧ください。




(6)遺伝カウンセリング(予約制) 担当:田中一郎医師

【主な対象疾患】遺伝性疾患、染色体異常、その他の先天異常
遺伝する病気あるいは遺伝が疑われる病気は数多くあります。また、最近は遺伝子検査も普及してきました。これら遺伝について不安をお持ちの方はぜひご相談ください。臨床遺伝専門医がカウンセリングを行ないます。