診療科・部門ご案内

よくあるお問い合わせ

1.アレルギー外来に関するご質問

Q1 食物経口負荷試験の日帰り入院のスケジュールを教えてください。
A1 朝9時に入院していただき、原因となる食品を摂取していただいた後、昼過ぎまで病室で経過を観察します。アレルギー症状が出ないようでしたら、午後2時頃には退院となります。
Q2 血液検査でアレルギー反応が出ているので食事制限をするように指導を受けています。いつになったら食べられるようになるのでしょうか?
A2 1歳までは消化吸収機能が未熟ですので食事制限が必要なことが多いですが、1歳を過ぎれば、血液検査でアレルギー反応が出ている食品でも食べられる可能性 は十分にあります。 また、一旦食べられることが分かり、その食品を食べ続けることで徐々に食べる量を増やしていくことも可能です。
Q3 食物経口負荷試験は怖くないのですか?
A3 ご家庭や外来での負荷試験と違い、入院管理のもとで行ないますので、たとえアレルギー症状が出たとしても迅速かつ適切に対処することが可能です。負荷試験は一定のリスクのある検査ですが、食べられる食品と食べられない食品をきちんと分別することは子供たちにとって大変重要なことだと考えています。アンケート結果を参照ください。
Q4 食物経口負荷試験で使用する食品は病院で用意してもらえるのですか?
A4 原則としてご自宅でご用意していただきます。食品の種類や内容によってはご相談させていただきます。
Q5 子供のアトピーがひどくて悩んでいます。ステロイドの塗り薬は副作用が怖いと聞きましたが、大丈夫でしょうか?
A5 ステロイド外用薬はアトピー性皮膚炎に非常に有効な薬剤です。効果が大きい分、不適切な治療ではリバウンドが生じますが、正しい減量方法で治療を行えば非常に効果のある薬剤です。逆に、アトピー性皮膚炎の治療が不十分であれば、食物アレルギーや気管支喘息も悪化する可能性がありますので、早期の治療介入が重要です。アンケート結果を参照ください。
Q6 塗り薬の塗り方をきちんと教えてもらったことがありません。ステロイドは怖いですし、薄く塗った方が良いのですか?
A6 ステロイド外用薬は薄く塗っても効果が不十分なことが多く、適切な量を使用する必要があります。アレルギー外来では実際に診察室でお子さんに外用薬を塗りながら、わかりやすく説明を行っています。外用薬による治療がうまくいくと、つらいかゆみから解放され、お肌が見違えるようにきれいになることもしばしば経験されます。アンケート結果を参照ください。
Q7 先日、子供が喘息性気管支炎で入院しました。将来、小児喘息になってしまうのでしょうか?
A7 小児の喘息性気管支炎の多くはウイルス感染が関連していることが多く、喘息性気管支炎と診断されたお子さんすべてが小児喘息になる訳ではありません。喘息発症の要因としては、お子さんのアトピー素因やご両親のアレルギー体質の有無などが関連していると言われています。


2.内分泌外来に関するご質問

Q1 子供の背が低くて悩んでいます。一度専門外来を受診したいのですが、何か持っていくものはありますか?
A1 母子手帳や成長の記録など、これまでの発育過程がわかるものを持参してください。
Q2 両親とも背が低いので子供も遺伝と思ってあきらめています。このような体質でもホルモン治療は可能でしょうか?
A2 家族性低身長と言って、小柄な方が多いご家系ではお子さんも体質的に低身長となることがあります。ただし、その中には成長ホルモンの分泌が不十分なお子さんもおられますので、ホルモン検査で成長ホルモン分泌不全が証明されれば、成長ホルモンによる治療が可能です。
Q3 お腹の中にいるときから小柄で、生まれてからも小さいままです。ホルモン治療が可能ですか?
A3 在胎週数(出生時の妊娠週数)に比較して低身長・低体重で生まれたお子さんは医学的にSGAと呼ばれます。このうち多くのお子さんは2〜3歳頃までに成長 が追いつきますが、追いつかないお子さんはSGA性低身長症と呼ばれ、成長ホルモンによる治療が適応となる場合があります。
Q4 現在、小学校高学年の子供です。そのうち大きくなると思って様子をみてきましたが、クラスで一番低いままです。ホルモン治療はいつ頃から始めるのがいいですか?
A4 一般に成長ホルモンによる治療効果は、二次性徴が完了し、骨の成長が止まる17~18歳頃までと言われています。そのため、成長ホルモンの分泌が悪いお子さんでは本格的に二次性徴が発来するまでの間に成長ホルモン治療でしっかり身長を伸ばしておくことが大事と言われています。
Q5 成長ホルモンの検査は入院が必要と聞きましたが、何日くらい入院するのですか?
A5 検査前日の午後に入院していただき、翌朝から成長ホルモン分泌刺激試験を開始します。1日1種類の検査を行い、2種類で2泊3日、3種類で3泊4日、4種類で4泊5日となります。当院では3〜4種類の検査で入院されるお子さんが多いです。
Q6 幼稚園の女の子ですが、最近、胸がふくらんできました。少し早いような気がしますが、ホルモンの病気でしょうか?
A6 一般的な年齢よりも早く乳房が腫大するお子さんは生理的な変化であることも多いのですが、急速に身長が伸びたり、陰毛の発育や月経発来などがあればホルモン異常の可能性もあります。
Q7 中学3年生の女の子ですが、まだ生理が来ません。すぐにホルモン検査が必要でしょうか?
A7 月経はまだでも最近数年以内に思春期の他の徴候(乳房発育や陰毛の発育)がみられている場合は体質的に思春期が遅れていることが多いと思われます。ただし、これらの思春期の徴候が全くみられない場合は一度ホルモン検査を受けられることをお勧めします。

3.膠原病・免疫外来に関するご質問

Q1 子供が保育所に行き始めた頃からよく熱を出すようになりました。子供の免疫に問題があるのでしょうか?
A1 集団生活を始めた時期は新たにウイルスや細菌に遭遇する機会が多く、発熱を繰り返すケースはしばしば見受けられます。咳嗽や鼻汁などの明らかな感冒症状を伴う発熱で、1回1回の発熱がしっかりと軽快する場合には問題ないと思われます。
Q2 子供が数か月前から度々関節を痛がります。成長痛でしょうか?
A2 成長痛は夜間に下肢の痛みを訴えることが多く、症状は一時的で次第に痛みを訴えなくなります。それに対し、小児のリウマチでは関節の痛み(特に起床時)が持続し、関節が明らかに腫れて熱を持つようになります。
Q3 子供が数か月前から急に赤ら顔になりました。心配ないでしょうか?
A3 頬の赤みが鼻の部位と連続していませんか?寒い場所に移動した際に手の色が白くなって元に戻らないことはありませんか?霜やけが非常につらいということはありませんか?関節痛はありませんか?もし、このような症状を伴う場合は膠原病の疑いがありますので、病院での診察や検査が必要になります。

4.腎臓外来に関するご質問

Q1 学校の尿検査で血尿や蛋白尿が出ていると言われました。精密検査をするように言われましたが、病院ではどのような検査をするのですか?
A1 血液検査や尿検査、腹部超音波検査などを行います。症状の経過や検査結果によっては腎生検という腎臓の組織検査を行うことがあります。
Q2 子供が腎炎で病院に通院しています。主治医の先生は腎生検の話をされましたが、怖い検査なのでしょうか?
A2 腎生検は麻酔をかけた上で腎臓に針を刺して腎臓の組織の一部を採取して検査する方法です。これによって診断が確定したり、予後の判定や治療方法が決定され るなどお子さんにとって重要な情報が得られる検査です。一方、腎臓は血流の多い臓器で、検査の際に出血する危険性もありますので、検査の有用性とリスクを 十分に判断した上で受けていただく必要があります。
Q3 子供が腎盂腎炎を起こしたときに膀胱尿管逆流の疑いがあると言われました。もう少し詳しく教えてください。
A3 腎盂腎炎を起こしたお子さんの30-40%程度が膀胱尿管逆流症を合併すると言われています。これらのお子さんでは水腎症を起こしたり、腎盂腎炎を繰り返す可能性があります。そのため、腹部超音波検査や排尿時膀胱造影検査が必要になることがあります。

5.血液外来に関するご質問

Q1 うちの子は昔からよく鼻血を出します。血液の病気でしょうか?
A1 10〜15分程度で止まるような鼻血であればご心配ありません。一旦鼻血が出るとしばらくの間、繰り返し出ることもよくあります。それに対し、鼻血が30分以上止まらない場合や貧血を伴う場合、鼻血以外に紫斑などの出血症状を伴う場合には精密検査が必要になります。
Q2 子供が鉄欠乏性貧血と言われ、食事で鉄を取るように言われました。普通に食事はしているのですが、何か原因があるのでしょうか?
A2 離乳期のお子さんや思春期のお子さんでは潜在的に鉄欠乏状態になりやすいと言われています。これ以外にも牛乳の多量摂取による牛乳貧血や思春期のお子さんにみられるスポーツ貧血、炎症性腸疾患や寄生虫、ピロリ菌が原因で起こる鉄欠乏性貧血などが知られています。