診療科・部門ご案内

上部消化器外科(食道・胃)

担当:田村、松山、永井

食道がん・胃がんに対しては、現時点で最も治療効果が高く妥当と考えられる標準的な治療法を推奨する治療ガイドライン(食道癌診断・治療ガイドライン、胃がん治療ガイドライン)が発刊されています。当院ではこれらのガイドラインにそった治療法を基本として、その上で患者さんの年齢や全身状態、基礎疾患やご本人の希望などを加味して、皆さんと相談しながら治療法を選択しています。

食道がん治療は、進行度に応じて内視鏡的治療から外科手術、化学放射線治療などがあり、推奨される治療法を提示し患者さんとの十分なインフォームドコンセントの上で治療を選択しています。手術療法では、積極的に胸腔鏡や腹腔鏡を用いた低侵襲手術を導入しており、術後合併症の軽減と早期の退院および社会復帰を目指しています。また、術前合併症のある症例や高齢者では積極的に二期分割手術を行っており、より安全な治療を心がけています。

胃がん治療では、腹腔鏡下手術による低侵襲手術を積極的に実施しています。高度進行癌では、術前化学療法や術後化学療法を組み合わせ、手術を含めた集学的治療で成績向上を目指しています。

また、新しい有望な治療法(治験や臨床試験)の対象となる患者さんには、治療内容を十分説明して、その治療法への参加・不参加が十分なご理解の上で決定できるように心がけています。

下記のページには、食道がん、胃がんについても追う少し詳しく説明していますので、当院で治療を受けられる方々の少しでも参考になれば幸いです。