診療科・部門ご案内

今後、力を入れたい外科診療

八尾市立病院での診療の基本方針の一つとして、「癌に対する高度診断、集学的診療機能強化による地域癌センター化」が掲げられております。
癌診療の中心を担う外科としましては、この「癌の診療」に尚一層の力を注ぐことが重要と考えております。

また、これまで以上に、近隣の先生方との連携を深め、病診連携・病病連携の更なる推進に努めて参りたいと考えております。
我々外科医とかかりつけの先生とが、連携を密にして、個々の患者さんの診療に当たることができればと考えておりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

  1. 「がん」を診療の中心に
  2. 終末期医療・緩和医療の充実(最後まで診る態勢の強化)
  3. 電子カルテによるさらに安全で効率的な診療態勢の確立
  4. 病診連携、病病連携のさらなる推進(紹介・逆紹介)
  5. 臨床研究の推進—新薬治験、臨床共同研究への参加
  6. 学会発表、研究会や公開講座の開催などを通じた情報発信

消化器外科 食道がん、胃がんなど
大腸がん、直腸がん、肛門疾患など
呼吸器外科 肺がん
肝・胆・膵外科 肝がん、胆石、胆嚢がん、膵がんなど

↑このページのトップへ

上部消化器外科(食道・胃)

担当:田村

食道がん・胃がんに対しては、現時点で最も治療効果が高く妥当と考えられる標準的な治療法を推奨する治療ガイドライン(食道癌診断・治療ガイドライン、胃がん治療ガイドライン)が発刊されています。当院ではこれらのガイドラインにそった治療法を基本として、その上で患者さんの年齢や全身状態、基礎疾患やご本人の希望などを加味して、皆さんと相談しながら治療法を選択しています。

食道がん治療は、進行度に応じて内視鏡的治療から外科手術、化学放射線治療などがあり、推奨される治療法を提示し患者さんとの十分なインフォームドコンセントの上で治療を選択しています。手術療法では、積極的に胸腔鏡や腹腔鏡を用いた低侵襲手術を導入しており、術後合併症の軽減と早期の退院および社会復帰を目指しています。また、術前合併症のある症例や高齢者では積極的に二期分割手術を行っており、より安全な治療を心がけています。

胃がん治療では、腹腔鏡下手術による低侵襲手術を積極的に実施しています。高度進行癌では、術前化学療法や術後化学療法を組み合わせ、手術を含めた集学的治療で成績向上を目指しています。

また、新しい有望な治療法(治験や臨床試験)の対象となる患者さんには、治療内容を十分説明して、その治療法への参加・不参加が十分なご理解の上で決定できるように心がけています。

下記のページには、食道がん、胃がんについても追う少し詳しく説明していますので、当院で治療を受けられる方々の少しでも参考になれば幸いです。

↑このページのトップへ

下部消化器外科(小腸、大腸、肛門)

スタッフ:吉岡慎一、廣瀬創、杢谷友香子

当科での大腸がん治療について

近年、大腸がんは増加しており、当院での手術件数も年間約150件と増加傾向です。

当院では患者さん一人一人の状態にあわせて、治療方針はガイドラインを参考に疾患カンファレンスを行い、決定しています。また、体にかかる負担を少なくし質の高い手術を目指して、予定手術だけでなく、臨時・緊急手術においても積極的に腹腔鏡手術を行い、約98の患者様に腹腔鏡手術を施行しております。

    • 当院における大腸がん切除手術件数
  • 腹腔鏡手術は難易度の高い手術ですが、質の高い手術を提供できるように心がけております。当院では3名の内視鏡外科技術認定医が下部消化管手術を手掛けております。また、3D腹腔鏡、3次元モニターなどさらなる先端医療を導入し、より精緻な手術が可能となっております。

    また、肛門に近い直腸がんにも出来る限り肛門を温存できるよう、「究極の肛門温存手術」と言われる括約筋間直腸切除術(ISR)も積極的に導入しております。進行度に応じて、術前化学(放射線)療法など集学的治療を用いて、出来る限り肛門を温存できるようにしています。

    お一人お一人の患者さんにあった、安全で質の高い医療を提供することを第一に、地域の皆様の力になれるよう、全力を尽くしていきたいと考えております。

    リンク
    もっと知ってほしい大腸癌のこと
    http://www.cancernet.jp/daicyougan

    患者さんのための大腸癌治療ガイドライン2014年版
    http://www.jsccr.jp/forcitizen/index_comment.html

    腹腔鏡下大腸切除研究会
    http://www.jslcs.jp/public-about/

    当科での肛門に関する疾患治療について

    肛門部は、複雑な排便機能を調節するため非常に繊細で過敏な構造を持っています。

    肛門部に起こる疾患として、もっとも多いのは痔です。肛門部周辺の静脈が圧迫され血液の流れが滞ることなどによって発生する痔核(いぼ痔)、肛門の周辺に穴ができて、そこから膿が出る痔瘻(穴痔)、肛門部が切れることによって生じる裂肛(切れ痔)などがあります。

    良性疾患であり、命に係わる疾患とは言えませんが、出血・疼痛・違和感などQOLは障害されることが多く、日常生活を送る上で問題になることがあります。

    治療については、軟膏や座薬を使用しながら経過観察で可能なものから、手術を行うことが望ましいものまで様々です。

    当院では術後の排便機能を損なわないことはもちろんのこと、出来るだけ違和感の少ない手術を心がけています。

    内痔核に対しては、当院では手術による治療に加え、切らずに治す治療(ALTA法、4段階注射法)も行っております。この治療は手術療法にくらべ、非常に良好なQOLを確保することができ、かつ再発率は程度によっては手術治療と遜色ありません。

    また、直腸脱に対しては症状に応じて適切な手術を行う必要があります。軽度なものであれば比較的低侵襲な手術で治療可能ですが、高度な直腸脱は侵襲的な治療を行わざるを得ないこともあります。そのような場合には当院では腹腔鏡を用いた直腸脱の修復術を行っております。

    肛門疾患でお困りの方は、是非当院の大腸・肛門病疾患担当医にご相談ください。

    ↑このページのトップへ

    ヘルニアセンター

    スタッフ:吉岡慎一、橋本安司

    ヘルニアセンターについて

    鼠径ヘルニアとは、鼠径部を支える筋肉を含めた組織の脆弱性により、腹膜を含めた腹腔内臓器が飛び出してくる病態です。治療には手術しか方法はありません。放っておくと、嵌頓を起こすことがあります。また、ヘルニア自体はどんどん大きくなります。

    手術はメッシュを用いた筋層(腹壁)補強が一般的です。

    当院では、第一選択術式として腹腔鏡を用いた鼠径ヘルニア手術を行っております。

    • 当院における大腸がん切除手術件数
  • 腹腔鏡手術のメリットとして、傷が小さい(約5mm程度の穴が3つです)、鼠径ヘルニアの状態の確認が容易である(見落としが少ない)、体への負担が少ないなどがあります。

    しかしながら、腹腔鏡手術は難易度の高い手術です。当院では全国でも数少ない鼠径ヘルニア手術に対する内視鏡外科技術認定医が手術を手掛けており、質の高い手術を提供できるように心がけております。

    特に、昔鼠径ヘルニアの治療をした後にまた出てきた(再発と言います)場合は、要注意です。

    通常の鼠径ヘルニアの手術に比べ、難易度が極端に上がるため、専門の施設で行うことをお勧めします。当院の担当医はそのような症例に対しても経験豊富であり、再発した場合には是非専門医にご相談ください。

    当科での腹壁瘢痕ヘルニア治療について

    腹壁瘢痕ヘルニアとは、開腹手術を行った後に、切開部の筋肉の支えが弱くなってしまったため、腹腔内臓器を抑えることをできずに飛び出てきてしまう状態です。