診療科・部門ご案内

細菌検査部門

検査の対象

細菌検査室では、肺炎の時には喀痰、下痢症の時には糞便、膀胱炎の時には尿、そして敗血症(血液中に細菌が侵入して重篤となる)の時には血液など、感染を起こしていると考えられるあらゆるものを検査材料(検体)として検査を行っております。

 

仕事の内容

人の体内には病気の原因となる菌以外にもたくさんの菌が存在しますが、その中から病気の原因となる菌を見分け、菌の名前を特定します。

そしてその菌がどのような薬(抗生物質)に効くのかを検査するのが私達の主要な仕事です。

 

その他の役割

最近患者が増えて話題となっている結核菌の検査や、数年前世間を騒がした大腸菌O‐157などの食中毒の原因となる菌の検査もこちらで行っています。

また重要な業務の一環として、入院加療中の 患者さんが、病院内で感染症を起こさないよう職員一同「院内感染対策」に取り組んでいます。

細菌検査室はその情報センターとして中心的な役割を担っております。