診療科・部門ご案内

検査の対象

細菌検査室では、肺炎の時には喀痰、下痢症の時には糞便、膀胱炎の時には尿、そして敗血症(血液中に細菌が侵入して重篤となる)の時には血液など、感染を起こしていると考えられるあらゆるものを検査材料(検体)として検査を行っております。