診療科・部門ご案内

主な内視鏡検査・治療

各種最先端機器を導入し、ほとんど全ての消化器疾患の患者さんに対して、内視鏡を使用しての検査・治療が提供できるようになりました。

上部消化管内視鏡検査、下部消化管内視鏡検査、小腸ダブルバルーン内視鏡検査
 ⇒内、NB I 拡大内視鏡検査、経鼻内視鏡検査(上部消化管)も適宜実施しております。
内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP) 、超音波内視鏡検査(EUS)
粘膜下腫瘍、膵腫瘍に対する超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診検査(EUS-FNA) 
吐血時などの緊急内視鏡検査、引き続きに行う内視鏡的止血術
 ⇒hot biopsyや薬物注入による止血、アルゴンレーザーによる止血(APC)
早期胃癌などに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
胃、大腸腫瘍に対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)、ポリープ切除術(polypectomy)
静脈瘤に対する内視鏡的静脈瘤結紮術(EVL)、内視鏡的硬化療法(EIS)
総胆管結石に対する内視鏡的乳頭切開術(EST)、内視鏡的乳頭拡張術(EPBD)
胆、膵など悪性腫瘍による閉塞性黄疸に対する内視鏡的胆道ドレナージ(EBD)
10 誤嚥、胃内圧改善のための胃瘦造設術(PEG)

11

異物誤飲に対する内視鏡的異物除去術
12 経鼻内視鏡を使用したイレウス管挿入
13 食道アカラシアや術後狭窄に対する内視鏡的消化管拡張術
14 気管支鏡検査

また他に以下のような超音波を使用した処置も行っています。
  ・経皮的胆道ドレナージ(PTCD)
  ・経皮的肝膿瘍ドレナージ(PTAD)
  ・肝嚢胞穿刺