診療科・部門ご案内

医療安全管理室

はじめに

安全で良質な医療の提供は病院運営の最も重要な課題の一つです。
八尾市立病院では、平成20年4月1日に医療安全管理室を設置し、安全に関する院内活動を通じ、医療安全の徹底に努めています。

 

医療安全管理室の役割

医療安全管理室は、

  1. 医療安全に係る情報の管理に関すること。
  2. 医療安全対策の企画、立案及び実施に関すること。
  3. 医療安全に関して、各部門との連絡及び調整に関すること。
  4. 医療安全に係る研修の企画及び実施に関すること。
  5. その他医療安全の業務全般に関すること。

を担当しています。

 

医療安全の推進のために

①医療安全管理指針
医療安全のために必要となる組織・体制などの環境整備等に関することなど、医療安全を徹底する目的で策定しています。
②医療安全推進マニュアル
医療事故・医療過誤を防止し、安全な医療体制を確立することを目的に、「医療安全推進マニュアル」を策定しています。
 

具体的な活動


院内ラウンド風景

①安全管理のための委員会の開催

医療安全管理委員会や医療安全推進部会などの定例委員会を通じ、医療安全に関する課題等の解消を目指しています。
また、職場での事故防止に対する職員意識の喚起・啓発などを目的に、院内ラウンド活動を行うとともに、インシデント原因の究明などにも努めています。

※インシデントとは:日常の現場で誤った医療行為などが実施される前に発見されたもの、あるいは誤った医療行為などが実施されたが、結果として患者様に被害が及ぶに至らなかったもの。

②研修会の開催

医療安全に関するテーマで、職員の医療安全に対する意識向上を図ることを目的に、職員研修を年2回実施しています。