診療科・部門ご案内

手術の動向

手術の動向としては、近年内視鏡を用いた手術が増加しており、胆石症、気胸手術はもとより大腸手術、泌尿器科手術、婦人科手術、整形外科手術なども積極的に鏡視下で行われます。
このため、手術室の1室を鏡視下手術専用室とし、鏡視下手術システムを4台備えるなど充分な対応をしています。
また、乳癌手術においても術後の愁訴の原因となるリンパ節の郭清を極力縮小する方策してのセンチネルリンパ節生検が多くの 患者さんに行われています。

»手術に関する事項