診療科・部門ご案内

甲状腺エコー

頚部における甲状腺・耳下腺・顎下腺・リンパ節が観察対象となっており、腫大(萎縮)や腫瘍を観察することが可能です。なお、他の画像検査では見逃されている小さな腫瘍も、エコーを用いることにより検出することが可能です。また、エコーのガイド下にて穿刺吸引細胞診を行い、腫瘍の判定を行っています。検査時間は10分~20分程度です。