診療科・部門ご案内

腎・腹部血管エコー

腎・腹部血管エコーでは腎動脈の狭窄病変、腎臓内血流の評価および腹部・腸骨動脈瘤の有無を診断する検査です。腎血管性高血圧症は特徴的な症状や兆候を示さず、未治療のまま放置されている可能性があります。特に薬剤抵抗性の高血圧疾患、動脈硬化性疾患を有する場合には積極的に腎・腹部血管エコーを行うことが望ましいと考えられます。検査時間は20分~30分程度です。