診療科・部門ご案内

物品管理センター

特徴

  1. 中央倉庫は、効率的な収納が確保されるように、収納棚が上下階2段になっています。
  2. 診療材料については、バーコードを用いた定数管理を行っており、診療現場で、使用したときにバーコードシールを所定の用紙に貼付し、SPDへ請求、その情報をもとに、物品供給を行っています。
  3. 特定保険医療材料については、バーコードシールを医事課にも送付することにより、請求漏れの防止に貢献しています。
  4. 在庫管理については、このコンピュータシステムを利用することにより、適正な在庫数を維持することが可能となっています。

SPD(エスピーディー):Supply Processing&Distribution の略で、病院内で流通する「もの」とその「情報」等の総合的な管理を行う、1つの手法(システム)である 。このSPDとは、米国の病院経営コンサルタント、Dr.Gordon A.Friesen氏が1960年〜70年代に提唱した『購入物品、滅菌再生物など院内流通物品の管理供給一元化構想プラン』のことです。


物品管理センター
 

管理対象物品

  1. 注射薬、内服薬、外用薬、製剤類、消毒薬
  2. 診療材料(一般、保険請求対象)、検査材料、放射線部門関連材料、検査試薬
  3. 日用品、事務用品、印刷物
 

搬送対象物品

  1. 注射薬、内服薬、外用薬、製剤類、消毒薬
  2. 診療材料(一般、保険請求対象)、検査材料、放射線部門関連材料、検査試薬
  3. 日用品、事務用品、印刷物
  4. 滅菌物
  5. 検体回収