診療科・部門ご案内

薬剤部

特徴

八尾市立病院薬剤部の優れものをご紹介致します。
関西初お目見え全国的に数台しか稼動していない注射薬自動払出装置。
アンプル、バイアルだけでなくキット、バッグ、輸液など約130種類の注射剤が充填されており、医師が注射をオーダしますと、投与量、配合変化、内服薬との相互作用等が電子カルテシステムでチェックされた後、患者別に処方せん、注射ラベルと共に注射薬を迅速に払い出してくれます。
取り揃えミスはしません。
安全性の向上に大いに貢献してくれています。

優れもの其のニは全国初となる、注射剤の混合業務に活躍のクリーンテーブルです。
天井上方から下方にクリーンなエアーが送り込まれ作業テーブル全体が無菌状態に維持できるテーブルで従来のクリーンベンチと比べ作業効率が著しく改善されており、よく働いてくれます。
最後に、優れた薬剤師も沢山(22名)いることを申し添えておきます。

 

病院の薬剤部ってなにをしているの?

病気の治療に欠かすことの出来ない「薬」。
患者さんにとって安全で効果的な薬物治療をしっかりと支えているのが、私たち病院薬剤師です。
医師・看護師とともに、私たち病院薬剤師は医療チームの一員として 患者さんに安全で効果的な治療を受けていただくために、日夜活動しております。
八尾市立病院の薬剤師は、入院患者さんや夜間に来られる 患者さんへのお薬の調剤、抗がん剤や高カロリー輸液などの無菌調製、医薬品の管理、医師・看護師などの医療スタッフへの薬品情報提供などを通して医療を支えております。
また、入院 患者さんへの薬の説明や相談も行っています。

 

薬剤部はどこに?

八尾市立病院に薬剤師がいなくなった?
そんなことはありません!薬剤部は1階にあります。
また、2階の総合案内の隣と5階から8階までのディルームの隣に相談コーナーがあります。
お薬の相談等は入院患者さんと同様に外来の患者さんもお気軽にお申し付けください。

»施設案内

 

設備


調剤室

注射薬自動払出装置

クリーンテーブル
 

薬剤部の業務

 
調剤・注射
入院 患者さんへの調剤を24時間体制で行っています。
また、入院患者さんへの注射薬の取り揃え (個人別注射剤のセット)や院内各部署の医薬品の供給を行っています。
製剤 院内で使用される特殊な薬剤を製造しています。
無菌製剤調製 がん化学療法や高カロリー輸液などの注射薬の混合調製を行っています。
薬剤管理指導 入院患者さんへのお薬の説明や入院中の薬の管理を行っています。
医薬品情報管理 医薬品の情報の管理や提供を行っています。
電子カルテのマスタのメンテナンスを行っています。
また、外来 患者さんへのお薬相談を担当しています。
医薬品管理 医薬品の品質のチェックや購入計画、在庫管理などをSPD(物流管理センター)と共同で行っています。
時間外救急対応 時間外救急における投薬を2交代勤務体制で行っています。
 

採用医薬品情報